膝下あたりまであるサポーター 写真のカリーが着用しているサポーター…

富士登山時のサポートタイツとサポーターについてお伺いします。

富士登山時のサポートタイツとサポーターについてお伺いします。
登山時のサポートタイツとサポーターについてお伺いします。
登山は全くの初心者なのですが、今度富士山に登ることになり、必要なものを色々と揃えているところです。
そこで1つお伺いしたいのですが、私は半年ほど前に、スキーで右ひざ内側の靭帯(そくふく靭帯です)を捻挫しました。
ほぼ治ってはいるものの、無理な体制をとり続けると痛みが出たりとやはり不安が残りますので、できるだけの準備はしていきたいところです。
サポートタイツは膝以外にも股関節なども支えてくれ、筋肉疲労を和らげ、ひざが笑うのも防止できるという解釈でいます。
しかし、一度膝を怪我しているもので、サポートタイツだけで果たして対策として十分なのか、少し不安があります。
アウトドアのお店にいくつか行ってお店の人に聞いてはみたのですが、サポートタイツで十分だという人もいれば、サポーターのほうがいいという人もいて、自分の中で判断に困っています。
中には膝をサポートしないタイプのサポートタイツ+サポーターがいいという人や、サポートタイツとサポーターどっちもしたらいいという人もいて、(これは締め付けすぎて問題でそうな気がしますが)頭の中では「・・・?」と判断に迷っています。
サポートタイツは試着をした際は、あまりのきつさにびっくりしたわりに、膝が守られているという感覚が感じられませんでした。
(その状態で運動していないからかもしれませんが)最終的には自分で試着して安心できるほうを決めるつもりではありますが、皆様の助言もお聞かせ願えたらと思って書き込みいたしました。
宜しくお願いいたします。
※金額については高い安いは拘るつもりはありません。
ケチることによって怪我した後のほうが怖いですので・・ また、ストックは持参します。

私も膝に不安を抱えており、O脚のせいか腸脛靭帯の激痛にも悩まされました。
サポートタイツ(私はCWXのスタビライズ)は履かないよりは効果ありと感じています。
また下りのダブルストックもしかりです。
ただ、スキーを楽しまれるレベルの方であれば、基本筋力は普通以上だと思います(私は15年運動無しだった)。
今月の話でしょうから今からトレーニングしても期待できないと思いますので、歩き方を意識されてはと思います。
膝にくるのは下りと思いますが、とにかく、一気の加重移動しないことだと思います。
ちょっとした段差もぴょんと飛んだりしない、ストックで支えながら着地する、大股もしない、ペースもゆっくりを守れば、荷の軽い富士山ではまず大丈夫ではないかと思います。
サポーターもする場合はそれなりの知識を持った方かお医者さんのアドバイスのもとに選ばないと逆効果も有り得ると思います。
長期的にはレッグマジックとかのエクササイズも効果的と私は感じています。

富士登山を毎年続け、サポートタイツは評判を聞いて3年前から使っています。使ってみて以前と比べ疲労軽減に役立つのは実感出来ます。山では登りより下りの時、体重と衝撃が加わり少なからず関節や筋、筋肉は痛めてしまいます。
これを証明するため一度、試しに麓から精進湖口登山道を5合目まで登り、御中道を大沢崩れまで歩き、あとはバスで麓まで戻った事があります。下りの無い登りだけの登山です。翌日、翌々日とほとんど筋肉痛等、後遺症が出ないのを確かめました。やはり下りが脚を痛める原因だと確信しました。サポートタイツをはいて登り、下りの時に更にサポーターをつけるようにした方がベストの対策だと思います。そして、誰よりもスローペースで下りるようにすれば最悪の事態は避けられると思います。
その時の体験記があります。参考になるかも知れませんのでよろしかったら見て下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/r19550803/61647575.html>サポートタイツはどちらかというと筋肉のサポートです。
膝に関しては、履かないよりは良い位に考えた方が良いです。
(膝痛持ちのダンナの感想です)

サポーターもテーピングも持参して
ダメだった時に備えた方が良いですね。

一度だけ、そのダンナの膝が激痛のため、もちろんタイツ着用ストック使用でも、びっこひきながらコースタイムの何倍もかかって下山したという経験をしました。
その後色々試して、今は歩き方等で膝痛が出来るだけでないように、うまく付き合ってるって感じです。
出来るなら、自分の膝痛を知るためにも近場の山を何回か登る事をオススメします。>お金に余裕があるのであれば、両方買ってみて近所の低山でいいので何度か登ってみましょう。
山で膝を痛めるのは概して下山の時です。
タイツやサポーターもいいですが、一番効果があるのはトレッキングポール(ストック)かもしれません。
使い方に少々慣れが必要ですが、上手く利用すれば足にかかる負担を腕や上半身に分散してくれます。
あともう一つは、テーピングです。テーピングを予め施しておくことで膝の補強をすることが可能です。
もちろんこれもテーピングの施し方などスキルが必要なので、本などで調べる必要があります。

参考:http://www.esport-japan.com/taping/asics/taping02.html

これらを一つずつ試せばどれ自分に合っているのか判ります。
また組み合わせも試せます。

◆近所に適当な山がなければ高いビルなどの階段を利用してみましょう。>そこまでタイツを過信してはいけません。出来上がった骨格筋肉を、あくまで補助的にサポートするもので万能ではありません。パワースーツの様にただ着れば万全の性能を得られるものではないのです。

筋力は自転車のタイヤの空気圧みたいなもので、低ければ衝撃と自重がリムやフレームを直撃します。同様に、筋力不足は下りで必ず弱点を直撃します。これはどんな高価なタイツを履いてても、免れることはできません。

富士山登山を成功させたいなら、あなたが今すべきはトレーニングとして低山の登山です。筋力を付けて靭帯と関節を自分で守るように仕向ける。その上でのタイツです。ダブルストックも有効ですから忘れずに検討しましょう。

一度でいいから足腰が筋肉痛が出る程度、近場の低山を登っておいて下さい。3日あれば治ります。準備とはモノを揃えるだけではないのです。>

サポーターが多ければ多いほどその人のステイタスが上がるのですか

サポーターが多ければ多いほどその人のステイタスが上がるのですかそれともバカ度が上がるのですか。
どちらですか。

どちらでもありません。
サポーターが多ければ、通知を受け取れる人が多いので人が沢山来るかもしれないし、アイテムを投げる人が増えてLVがあがりやすくなるかもしれない。
バカ度とは何なのかわかりませんのでなんとも言えません。

バカ度とはサポーターが多い分だけ
バカの度合いが増すということです。
バカにはより多くのバカが付くと言う事です。
類友とも言います。

>とてもハイレベルな内容で配信している人は100人くらいのサポーターで、とどまっている傾向にあります。膨大な視聴者を得たければある程度、低レベルな誰でもとっつきやすい配信である必要があります。>

ゴジラファンやサポーターの人たち今活躍中の史上最大のゴジラゴジラアース身長3…

ゴジラファンやサポーターの人たち今活躍中の史上最大のゴジラゴジラアース身長388mの超巨大ゴジラみんなおめでとう。
身長388mのゴジラアースがいよいよ主役、「決戦起動増殖都市」出のメカゴジラとの勝負。
メカゴジラを破壊してさらに巨大が身長500m以上、第3部で夢の5万mに超巨大化宇宙規模の戦いに発展してほしいと思いませんか?

文章が乱れ過ぎていて理解出来ません。
「ゴジラファンやサポーターの人たち今活躍中の史上最大のゴジラゴジラアース身長388mの超巨大ゴジラみんなおめでとう。
、「決戦起動増殖都市」出のメカゴジラとの勝負。
メ 」この「超巨大ゴジラみんなおめでとう。
」とはどの様な意でしょうか?また「身長388mのゴジラアースがいよいよ主役」とありますが、主役怪獣は元々ゴジラではないのでしょうか?では第1作は誰が主役だったのでしょうか?また、未だ300mを採用している地域をお教えいただいていないのですが、まだでしょうか?併せてご回答ください。

身長300mを採用している地域は見当たらない。第一部はゴジラフィリウスに主役はとられたが本当のゴジラである、ゴジラ・アースが第2章からいよいよ主役だ。ターゲットは起動増殖都市メカゴジラ、2万年前に移民できなかった人々が築き上げてきた都市はみんなメカゴジラの備品で増殖するように300mのメカゴジラにはすぐになる。ゴジラがメカゴジラに勝てる方法はただ一つ身長500mに地球のガイアエネルギーで巨大化してパワーアップすることだ。いよいよ第2部からは本格的な決戦が始まる。助かったのは治夫しか確認されていない。ハルオの手当てをしていた女性は2万年前に移民できなかった人々の子孫だよ。>いくら正月だからって、お前のおめでたい頭の中身を晒さなくてもいいんだぞ。>

膝サポーターについて

膝サポーターについて私はこの間膝を痛め、今はバンテリンの膝サポーターを使用しています。
そこで、洗い替え用にもう一つ別のサポーターが欲しいのですがなにかオススメはありますか?候補としてはパテックス機能性サポーター(ハイグレードではない)かメディエイドすっきりフィットを考えています。

サポーターはあくまでも1次的に使うにとどめないと、膝周りの筋肉を鍛えられません。
今の医療は、治療そして運動療法によりできるだけ早く筋肉を鍛え関節をしっかり支えるようにし回復させるのが一般的です。
そこは注意しましょう。

おすすめの足首サポーター。

おすすめの足首サポーター。
捻挫がくせになってしまってしょっちゅう捻挫するので足首サポーターを買おうと思っています。
三千円ぐらいで買えると思ったら意外と高くてびっくりしました。
おすすめの足首サポーターはありますか?サポーターをしたまま走るので、できれば違和感がない様なものがいいです。
そして、できるだけ安いの(笑)今いいかなぁと思っているのはhttp://www.kenko.com/product/item/itm_8863137072.htmlです。

質問者様が希望されるようなサポーターの紹介をする回答内容ではありません。
ご了承下さい。
今まで足首の捻挫後にリハビリはしていましたか?捻挫を繰り返す原因の一つに「足首周辺の筋力不足」が考えられます。
おそらく質問者様の足首周辺の筋肉では、バランスを崩した時に身体を安定させる程の筋力が不足しているのでは?と考えます。
平たく言えば「足首周辺の筋肉でバランスが取れないのでは?」ということです。
改善方法としては、クッションや座布団などの不安定な場所の上で捻挫癖のある足で片足立ちをして、バランスを取る練習をします。
最初はあまり不安定になり過ぎないように薄めの厚さから始め、慣れてバランスが取れるようになってきたら徐々にクッションや座布団を重ねていきましょう。
始めは20~30秒くらい行なっただけでも筋肉痛になるかもしれませんが、むしろそれは今まで「あまり使っていなかった」ということを表しています。
繰り返し行ない鍛えられてくれば筋肉痛は出なくなります。
なるべくこれを日々のトレーニングの一環として行なった方がいいかもしれません。
注意点は、バランストレーニングをしている時に再度足首を捻挫しないよう、身体を支えられる物の側で行なうなど十分に気を付けて下さい。
また、クッションや座布団以外でも、布団を畳んだ上で行なうとか、もしくはスポーツ用品店やホームセンターのスポーツ用品売り場で売っている「バランスディスク」等を購入してしまってもいいかもしれません。
簡易的なのでしたら\2000しないと思います。
まずは、一度左右の足で片足立ちをしてみて、捻挫癖のある足首でバランスを取る事の苦手ぶりを確認してみて下さい。
もしバランスがしっかりと取れるなら、この回答は不必要です。

鹿島アントラーズサポーターの皆さんに質問です。

鹿島アントラーズサポーターの皆さんに質問です。
ブロガーの鹿島アントラーズ原理主義さんは、今は引退した中田浩二さんをユダとブログに記してました。
多くの方々から中田浩二さんの侮蔑は止めなさいと注意を施されましたが、呼び名を変えるつもりはありませんと、意固地にユダと記し続けました。
その後、原理主義さんのブログは荒れ、それに懲りたのか原理主義さんはユダと記さず中田コと記すようになりました。
呼び名を変えれば文句はないだろ的な原理主義さんの態度に疑問を抱き、中田浩二氏及び、中田さんのファンに謝罪するようコメントしましたが投稿出来ませんでした。
どうやらユダという言語は禁止ワードになってるようです。
皆さんはこの原理主義さんの態度をどう思われますか?

ユダって言葉の意味がわかりません。
なので、勝手に1人で言ってろって感じ。

大学野球は、肘サポーターが見えててもいいんですか?

大学野球は、肘サポーターが見えててもいいんですか?

サポーターなら問題ないと思いますよ。

サポーターとファンの違いが分かってない人が多過ぎませんか?

サポーターとファンの違いが分かってない人が多過ぎませんか?代表のミーハーファンは問題外で、Jリーグで多いんですが、スタジアムではレプリカ着た地蔵なのに、◯◯サポーターって言ってる人や、海外サッカーとかで、TV観戦なのに、◯◯サポーターとか言い出す人までいる始末…。
チームの為に、何もサポートしてないのに、なんで、サポーターとか言えるのか不思議なんですが、皆さん、こう言う人達をどう思います?ってか、ココも安易にサポーターって言葉を使ってる人が多いし、違いが分かる人は少ないかも知れませんが…。

emoakiさんが言いたいことはよくわかります。
emoakiさんの中でのサポーターはこうだっていうストレートな考えが中途半端ででかいこと言ってるサポーターかぶれと言いますか、そんな人達が目に留まってしまいますよね。
そんなサポーターぶってる人達は、俺ユニホーム着ちゃってるぜみたいな、自分に酔っちゃってるのが多いですよね。
自己満人間。
ブラジルサポーターがどれだけすごい事か。
自殺者も出る程なのに。

サポーターって言ってるのに、話すと、結局、考え方が違い過ぎてガッカリする事が多いんですよね…。チームの勝利の為に色んな考え方があるのは、もちろんOKだし、色んなサポートの形があるのも理解してますが、こう言う人達に限って、自分の損得を優先するが多いので、目に余るんですよね…。>「ゴール裏で声を出して応援すること」のみをサポートだと思っている質問者さんの理屈の方がよっぽど不思議です。

レプリカ着てスタジアムに足を運ぶ。テレビにかじりついて必死に応援する。それも十分サポーターと言えると思いますけど…。

なんだか心が狭いですね。>

金的サポーターは確かに玉と竿を保護しますが、

金的サポーターは確かに玉と竿を保護しますが、でも、蹴られたらサポーターが当たる付け根の辺りが痛いのではないでしょうか?肌に当たる部分はゴムで出来ていますが、カップがすごい衝撃で股の付け根に押されるのですから。

サポーターの上からでも金玉痛いですよ付け根の痛みどころではありませんただつけていないと痛いじゃすまないので、つけた方が良いです金的サポーターが無かったころの空手の稽古では、ズボンが真っ赤に染まることもあったそうです

はっきりいってないよりはましなだけ
我も若いとき疑問に思った>ふつーにいたいですよ。まぁーつけてないで当たるよりは全然マシです>

膝下あたりまであるサポーター

膝下あたりまであるサポーター写真のカリーが着用しているサポーターをご存知の方はいないでしょうか?よかったら教えてください!お願いします^_^

サポーターではなくて、短めのレギンスではないかな。
(左足の太股に見える部分はパンツ裾の柄)http://cdn.wowow.co.jp/sports/nba/pickup/page_parts/s_curry.jpgこのテのね。
http://item.rakuten.co.jp/cfj2009/lm1/