ダンベル30キロで全身を鍛えるには、どうしたらいいでしょうか?

「ダンベルアームカール」と言う筋トレの種目は存在しませんよね?

「ダンベルアームカール」と言う筋トレの種目は存在しませんよね?

ダンベルを使ってのアームカールですね。
丁寧な言い方と思います。
普通はダンベルカールで通用します。
ダンベルを使ってのカールならリストカールも有るから、別にダンベル アームカールでも良いと思いますよ。

ダンベルで胸筋を鍛える場合、そして立ったまま胸の前でそのダンベルを合わせて鍛…

ダンベルで胸筋を鍛える場合、そして立ったまま胸の前でそのダンベルを合わせて鍛える場合なんですが、ダンベルはなるべく重い方が筋肉は付きますか。
それとも軽いので回数「増やした方が付きますでしょうか。
身体が細いので、5キロだ10回でもきついが、3キロ、4キロであれば更に回数増やすこと可能なので。
どちらが良いのでしょうか。

立ったまま胸の前でダンベルを合わせるという鍛え方がよくわからないですが、寝てダンベルフライやった方が効くと思いますよ。
大胸筋のような大きい筋肉はなるべく重いので10回くらいやった方がいいです。

やれやれ、非公開クン、、、

立って胸前でダンベル合わせればどこに力が働くかわかりそうだがね。
ケーブルクロスならまだしも
そんなんじゃ大胸筋など鍛えられない。

力のベクトルが違うだろ。>

ダンベルを使ったトレーニングをしようかと思いましたが、選び方が分かりません。

ダンベルを使ったトレーニングをしようかと思いましたが、選び方が分かりません。
今日スポーツ用品店に行き、重さを実感してみましたが、1キロ2キロは軽く感じ、3キロからやや重みを感じる様になりました。
僕の場合どの辺の重さのダンベルが丁度良いでしょうか補足ありがとうございます。
皆さんの中で初心者にも適切なお薦めのダンベルがあったら教えてください。

すぐ筋肉なんてつくから、可変式の10キロ?15キロくらいのダンベル買ってください。
そしたら2.5キロ?15までレベルに合わせて行えますよダンベルの重さについては種目によって全く変わるので一概にこの重さとは決められませんよ。

数㎏のダンベルなら不要。少なくても、20kgくらいは欲しいと思えるまで、ダンベル購入は考える必要はない。それまで、スクワット、プッシュアップ、ベントニーシットアップという自重筋トレに専念しましょう。>

ダンベルのみでも十分筋肥大はする部位とダンベルのみだと厳しい部位について。

ダンベルのみでも十分筋肥大はする部位とダンベルのみだと厳しい部位について。
自分は自宅に40kgのダンベル2つとロングダンベルシャフトがあります。
胸はダンベルベンチ40kgで、肩はダンベルプレス20kg、腕もアームカールとかやって大きくはなっています。
脚はハムストリングスとお尻はブルガリアンスクワットでかなり筋肉痛になりますし筋肥大はできると思いますが、背中と大腿四頭筋はダンベルのみだとなかなか効果が表れません。
背中と大腿四頭筋はバーベルでないと筋肥大は望めないですか?

広背筋ならワンハンドロウで良い事になるが、背中と言うのが脊柱起立筋という意味であれば、まさに、背中と大腿四頭筋に効かせにくいのがダンベルなのだと思う。
また、そもそも筋肥大プログラムと言うのは、バーベルを持つことが前提になっている。
つまり、ダンベルを両手で持つスクワットというものは、デッド並みに上体を前傾させたり、または、ある程度、体幹が緩んでも可能になってしまうのが難点。
上体前傾が深まると、大腿四頭筋の関与は薄れる。
そして、骨盤前傾とともに大切な、肩甲骨の寄せによる「体幹の剛直化」に余り頓着しないでも、ダンベルスクワットは可能になるので、背筋を固めようという努力が不足する。
背筋が緩むと、即、骨盤前傾する。
腰が丸まって危険な状態になる。
一度、それなりの重量のバーベルを担いで、体幹の剛直化を覚える。
体幹を固めないと体が潰される恐怖感(?)のようなものを味わえば、ダンベルを持つ際にも、体幹を固めること(背筋収縮)に留意できるかなとは思う。
それで、体幹剛直化努力を欠かさないゴブレットスクワットが可能になったりするので、一度、バーベル体験が必要かなと思いました。
上体をなるべく直立に保とうとするゴブレットスクワットが、大腿四頭筋に効く。
そして、骨盤前傾を保とうとすることで、下背部(脊柱起立筋下部)の筋収縮が維持される。
まずは、一度、ダンベル40kg×2個でのスクワットが可能だとして、では、バーベル80kgでのフルボトムスクワットが可能かどうか、試してみましょう。
フルボだと何㎏を担げるのかやってみましょう。
それで、バーベルの難しさが分かる。
ダンベルの限界が分かると思う。

背中、広背筋ならダンベルを吊るしての懸垂、ワンハンドローでどうでしょうか?40kgもあればかなりのレベルまでいけそうですが。>

ダンベルスクワットだと腰が痛くなっていつもゴブレットスクワットをしています。

ダンベルスクワットだと腰が痛くなっていつもゴブレットスクワットをしています。
ゴブレットはフロントスクワットっぽいフォームですがダンベルスクワットと鍛えられる筋肉部位は違いますか?

ダンベルスクワットでもフルボトムであれば、殆ど同じかなという気がする。
しかし、ハーフとかクォーターレベルのダンベルスクワットなら、当然、主働筋が違ってくる。
おそらく、そういう浅い沈み込みのスクだと、ハムと大臀筋狙いのデッドに近いエクササイズになると思う。

ダンベルフライ、ダンベルプレス、プッシュアップバーを用いてのワイドプッシュア…

ダンベルフライ、ダンベルプレス、プッシュアップバーを用いてのワイドプッシュアップにおいてどのくらい上腕三頭筋に負荷がかかりますか?

まず、ダンベルフライとは三頭筋には負荷掛けない様にやるものであり、負荷は大胸筋に集中させます。
三頭筋にも掛けるならダンベルプレスをやれば良いのであり、でなければダンベルフライの存在意義が無くなる。
ということで、貴殿の質問からまずダンベルフライを除きます。
となるとダンベルプレスとワイドプッシュアップの比較になりますかね? ワイドプッシュアップは通常のプッシュアップに比し大胸筋や三角筋前部への負荷を高める為のもの。
つまり通常のプッシュアップより三頭筋への負荷は減ります。
さて、それからプッシュアップは代表的な自重トレなので、貴方の質問文から推測してウェイトを担ぐ等の負荷増無しと仮定します。
そして、ダンベルプレスは片腕何キロのダンベル持つ前提ですか? この辺が分からないと何とも、誰からも回答出来ません。
貴方が通常のプッシュアップ10回1セットが出来ない程度の筋力で有れば、先ずは各種プッシュアップで三頭筋にも十分な筋量増加及び筋力アップのトレーニングとできます。
それが軽々出来てしまうのであれば、貴方の身長体重筋力全て推測出来ないので範囲が広いのですが、、、10~30kg/片腕でのダンベルプレスの方が自重ワイドプッシュアップよりは効果が間違いなく有ります。
諸々、まずはご自身の質問文の至らなさを何卒御自覚下さい。

ダンベルベンチプレスについて、

ダンベルベンチプレスについて、自宅にダンベルはありますが、寝転ぶためのベンチがないのですが、ベンチ無しで、ベッドの上でダンベルだけでベンチプレスやっても効果あるでしょうか?

不安定なベッドでは無く床上でやる。
それ、フロアプレスという。
ベンチより高重量を扱えるので、それなりの効果はある。

フロアプレスという名称もあるのですね、胸すれすれまでは降ろせませんが、やってみます>ふらいなら、、、>

ダンベルデッドリフトでも背中を厚くできますか?

ダンベルデッドリフトでも背中を厚くできますか?ジム通いなし、バーベルなしでトレーニングをしています。
ビッグ3の中の一つであるデッドリフトはバーベルなのでできなく、ダンベルでデッドリフトをしようかとおもっているのですが、ダンベルは片手30キロまでしかありません。
デッドリフトは100キロ以上を普通に扱うものらしいのですが、ダンベルだと負荷不足に感じます。
やはり、背中を厚くしたい場合はバーベルでのデッドリフトをできる環境を作るしかないのでしょうか。

ダンベルでのトレーニングは、バーベルに比べて絶対重量は扱えないデメリットがありますが、可動域が大きくなる利点もあります。
片手30キロあればある程度強度の高いトレーニングは十分可能だと思います。
下記は参考まで。
https://smartlog.jp/66170ワンハンド・ベンドオーバー・ローイング、プルオーバーなどもおすすめです。

ダンベルの筋トレ方法をおしえてください

ダンベルの筋トレ方法をおしえてください

ダンベルの面白さ、醍醐味は「サーカスプレス」だと思う。
両手で片側(片手で挙げる方の側)の肩上にクリーンしてから、補助の手を放して、片手でプッシュプレスする。
ダンベルを頭上に差すというのは力自慢の見世物ではあるが、これが、ダンベルでは伝統的に基本だと思う。
まずは、ストリクトでミリタリープレスをやる。
ミリタリープレスで基礎筋力をつけてから、サーカスプレスをやる。
足腰の強化も大切。
床を蹴る力がサーカスプレス成功のカギ。
「インチダンベルプレス」と言えば78kg、グリップ径6cm強のダンベルを片手で頭上に差すこと。
また、「インチダンベルリフト」ならば、片手でのデッドリフト。
これは、掌の小さい日本人には、かなりの難易度。
インチダンベルのプレスもリフトも海外ではコンテント大会も盛ん。
一定の時間内での挙上回数を競う。
「サーカスプレス」一発が可能な重量を持って、ゴブレットスクワット、ワンハンドでのフロアプレスとロウイングをやる。
各15R×2S。
バーベルとは、どうしても重量的には対抗できないので、所謂、バーベルでのBig3とは別のエクササイズを模索する。
バーベルBig3的な重量追及は不可能なので、クイック系の全身運動としての「サーカスプレス」で重量を追うというのが面白い。
でも、まあ、「サーカスプレス」に興味が無ければ省きましょうかね。
ゴブレットスクワット、ワンハンドでのフロアプレスとロウイングだけでも十分。

練習してみます!>文字で説明しても、理解するのが難しいので…YouTubeで検索しよう。>

ダンベル30キロで全身を鍛えるには、どうしたらいいでしょうか?

ダンベル30キロで全身を鍛えるには、どうしたらいいでしょうか?

定番は「ダンベルベンチプレス」。
床引きデッドリフトから始まり、ベンチに腰を下ろしてオンザニー。
そこから、ハンマーカール動作があって、スタートポジション。
大胸筋と上腕三頭筋の強化にとどまらないのが、この全身運動としての「ダンベルベンチプレス」。
ベンチが無ければ、「フロアプレス」をやる。
それに、「ダンベルスクワット」、あるいは、「ゴブレットスクワット」、それに、「ベントロウ」、または、「ワンハンドロウ」をやる。
お遊びで「サーカスダンベルプレス」(両手でクリーンして、ワンハンドでプッシュプレス≒クリーン&プッシュプレス)とか、ファットグリップ(直径6cm)を巻いて「ローリングサンダー」(ワンハンドでのデドリフト)をやる。

検索したら画像付き動画付きで説明ありますよ?>