背中はベントオーバーダンベルロウとワンアームダンベルロウは行って…

このダンベルのメーカーわかる方教えて下さい。

このダンベルのメーカーわかる方教えて下さい。
プレートだけ追加購入したいのですが、もらい物のダンベルであるためメーカーがわからず、どこのプレートを購入したらよいのかわかりません。
メーカーなど刻印はなく、バーベルとのアルファベットの刻印があります。
磁石がくっつくので鋼鉄製です。

メーカーなど分からなくても、ダンベルのシャフトは28φです。
28であることを確認さえすれば、どこの製品でも使えますよ。
トレーニング、お励みください。

先のお二方の回答に付け足します。「トレーニング器具 比較」でweb 検索すると、トレーニング器具のサイズや値段を比べられる参考サイトが3つぐらい出てきます。各サイトで「プレート」を開くと一覧が出てきます。メーカー名をweb 検索すると直販サイトが出てきます。比較サイトで比べるのが面倒な場合は、Amazonで「28mm プレート」で探すという手もあります。>28ミリと50ミリがあります。

画像は28ミリです。

28ミリシャフトのプレートを買えばいいです。

メーカーにこだわらなくていいですよ。>

クロームダンベルを写真のように内側から5kg 2.5kg 2.5kg 2.5kgと重ねていますが一…

クロームダンベルを写真のように内側から5kg 2.5kg 2.5kg 2.5kgと重ねていますが一番内側の5kgのプレートの耐久性は大丈夫でしょうか?地面に置くと5kgのプレート2枚で支えることになりますよね?絶対に途中で割れて壊れたりしませんか?

何事も「絶対」はありませんが、ダンベルのプレートが割れるという事故は聞いたことがありません。
200kg以上を頭の上から投げ落とすウェイトリフティングのバーベルでも、です。

まったく問題ありません>

背中はベントオーバーダンベルロウとワンアームダンベルロウは行っていますがどち…

背中はベントオーバーダンベルロウとワンアームダンベルロウは行っていますがどちらも真ん中の筋肉で背中の上部と下部は鍛えられないですよね?他にもやった方がいいのか?それとも上記の2種類で十分なのか教えてください。

懸垂、ダンベルシュラッグをなさいませ。
シュラッグは重たい重量でなさるべきですから、ダンベルプレートを片側にまとめ、重量を大きくしましょう。

ベントローもワンローも、上体は床と平行よりもやや起こし気味を基本として、上体を起こすほど背中の上部・僧帽筋に負荷がかかりやすくなります(悪く言えば、僧帽筋に負荷が逃げやすい)。逆に、肩の高さよりも腰の方が高いぐらいに大きく屈むほど背中の下部・脊柱起立筋に負荷がかかりやすくなります(悪く言えば、脊柱起立筋に負荷が逃げやすい)。

また、これらを逆手(特にバーベルによるベントロー)で行うと、広背筋の下部に負荷がおよびやすくなります。

目下のところはダンベルしか使えないということ?

ダンベルシュラッグは、上体を真直ぐ立てたまま、両肩を素直に上下に動かせば、僧帽筋の上部に効き、できる限り高重量でやってみるとよいでしょう。

このシュラッグを、上体を幾分前傾させたまま(床に対し70度ぐらいとか)、肩甲骨を寄せながら両肩を上げ、肩甲骨を開きながら両肩を下げるようにすると、僧帽筋の中部(肩甲骨の間)に負荷がかかるようになります。重量に拘らず丁寧に。背中上部の凹凸を際立たせる効果もあります。

本来、バーベルの方がよいけど、デッドリフト、グッドモーニング、プルオーバーなども背中用にダンベルでできないことはないです。>