腹筋を鍛えるためにメディシンボール買おうと思うのですが 3キロのは…

砲丸投げをやっている中学3年です

砲丸投げをやっている中学3年です練習で砲丸を使わない練習はありませんか?

タオルを丸めて砲丸の代わりに使うのいいですよ。
←フォームの確認で・・あとは、メディシンボールを使って、投げるとか

走ることです。
いくら砲丸だけ練習しても、やっぱ足が速い人のほうがとびます。
あと、グライド練習やメディシンなど。>同じく砲丸投げをやっている中学生です メディシンボール投げとか筋トレなど砲丸を使わない練習はいっぱいありますよw
でも短距離を走るのもいいと思います短距離の能力が上がれば砲丸投げのグライドなどにもつながってきますしねw>

足が早くなるには何をしたら一番いいですか??陸上関係の人、教えてください。

足が早くなるには何をしたら一番いいですか??陸上関係の人、教えてください。

短距離の場合の速く走るコツをお教えします。
当たり前ですが、万人がこれをやって全員が速くなる訳ではありません。
個人差(筋肉、骨格)もあります。
腕を後ろに意識して走るのではなく、「腕を前に振る」を意識して走ってみて下さい。
実際これだけでも速くなります。
簡単です。
知らなかったのでしたら試してみて下さい。
そして毎日トレーニング出来るのでしたらダッシュや筋トレをしましょう。
ダッシュですが段々距離を伸ばしていくと短距離の後半も強くなります(後半に失速が目立たなくなる)。
短距離で速くなりたいのでしたら絶対に欠かせないメニューです。
筋トレはジャンプ、ウエイトトレーニング、スクワット、かかと運動(かかと上げ下げ)サイドランジ、ヒップリフト、フォワードランジ、階段を使ったトレーニング腕立て伏せ、背筋運動、腹筋運動、けんすい、坂道走、砂浜走メディシンボール、腕振り、レッグカール、レッグリフト等が効果的です。
質問者様が中学生または高校生の場合でしたらこの時期は呼吸・循環系の機能が発達する時期のため有酸素系のトレーニングをすると効果があると言われていますので長距離もお勧めします。
姿勢も短距離では重要になってきます。
背中と骨盤を真っ直ぐにして走りましょう(悪い例・・・猫背)地面に対して垂直に立つという意味ではありません。
100mの場合スタートダッシュ(スピードを生み出す区間)で大切なのは・体の軸をまっすぐにすること・地面に大きな力を加えていくこと・頭を前方に投げ出すイメージで走る・引き上げた脚を地面におろす時、自分の体より後ろに着地・腕振りは大きくアクセル(スピードを上げる局面)で大切なのは・地面に接する時間を短くする・足が地面に接するのは、体の後ろから徐々に真下に・無理な前傾姿勢で走らない中間疾走(スピードを維持する局面)で大切なのは・骨盤を立てたまま骨盤やお腹のあたりの筋肉を引き締め腰まわりを固くするイメージで走る・重い頭を前に進める感じで走る・「振り遅れ」をしない・「振り遅れ」をしないために後ろ脚を素早く前に戻す・着地した瞬間に後ろ脚のヒザが前脚を追い越すことを意識して後ろ脚の大腿を素早く前に引き上げる・脚の回転を止めないようコンパクトに素早く腕振りする・膝から下は何も考えない・スピードが上がったら体の前で着地・足が着地したところに自分の体を乗り込ませながら力を加えていくイメージで走る

走る脚は何をしても絶対に早くはなりません。
時計ではないのですから。
あなたはたぶん国語の勉強不足ですね。>

みなさん毎朝何時に起きてますか?

みなさん毎朝何時に起きてますか?朝練もしくわ朝やっていることも教えてください。
それから夜何時に寝ていますか?みなさんの生活習慣を知りたいです。

5時起床 7時~8時半まで練習(40分ジョグ+流し100×5以上+補強)補強は懸垂、腹筋、腕立て、背筋、 メディシンボールや腕ふりをやる日もあります。

6時起床(朝練)

11時就寝>

腹筋を鍛えるためにメディシンボール買おうと思うのですが

腹筋を鍛えるためにメディシンボール買おうと思うのですが3キロのは重いですか?

軽すぎます(*^_^*)子供一人乗せる位の気持ちで負荷掛けないと、余り効きません。

高校二年生の女子です。
長文失礼します

高校二年生の女子です。
長文失礼します私は陸上部として一年間頑張ったのですがもともと跳躍がやりたいと思っていたので二年生に変わると同時に部活に行くのをやめました 学校に器具がないのです でも部活に行かないのは走ることが苦手で短距離をやっていたのですがそれに挫折をしていたこともあります部活に行かなくなってからは毎日競技場で練習しようと思っていたのですが両親の都合や競技場の使える時間制限が厳しくずっと練習することができずに今に至ります一応家で柔軟筋トレはしています結局部活に行かないので勉強にも力が入らず練習もしていないので今の自分にとてもがっかりしているというかこのままでいいのか?という感じです たまに部活に来たら?と言われるのですが、私は走るのが苦手で練習しても迷惑をかけてしまったり待たせたりしてしまってつらいし、ほかのメンバーはリレー選手だったり走る選手なので跳躍選手の私が一緒に走るのはどうかと思ってします(同じメニューだしやる気に差が出てしまうからです)そして今私は水泳部のマネージャーに勧誘されています理由は友達が水泳部に女の子が少なくてその数少ない女の子のことを嫌っていて部活をやめようとしていて それを止めるために話し相手になってあげて?という感じです私がマネージャーをしたらその子は続けるという感じです私は今の部活に行かない状況もどうかと思っているのでマネージャーでもやるべきかなと思うんですが陸上部のこともあるのでどうしようかと悩んでいます マネージャーのことを陸上部の子が知ったら陸上部来いよってなると思うし・ このままマネージャーをやってもいいと思いますか私は結構自由な人間なので、まあやってもいいやーと思うのです が親に相談したら上のようなことを言われたので悩んでいるわけです私はどうすればいいでしょうか考えすぎですかね ちなみに陸上部のことを水泳部の人は知っています ちなみに私は陸上部よりも水泳部の雰囲気のが好きです陸上部はみんな友達って感じですが悩みとか話せる人がいないです水泳部のほうが男女間の壁がなくて明るいです跳躍競技は大好きだし今でもやりたくてやる気だけはあります でも物理的に不可能なのです ちなみにマネージャーは正式ではなくボランティアという感じです登録は陸上部です補足棒高跳びです

跳躍ってハイジャンですか。
専門のスプリンターほど速くなくとも、スプリント力は必要です。
それから全身をバランスよく鍛えることも必要です。
ですから遅いことは気にせず走練習をするといいと思います。
ジャンパーに必要な能力としては柔軟性、協調性、スピード、跳躍力、ということになるでしょう。
それを鍛える方法協調性柔軟性 体操の床運動や各種ストレッチスピード 短距離走跳躍力 投擲やメディシンボール投げ、ばうんでぃんぐ等とりあえず以上の要素を練習メニューとして組み立てたらどうですか。
それからスポンジなど今は安くホームセンターなどで売っているので、それを大量に買って、自作のピットを作り、ゴムひもを張ればハイジャンの練習もできるでしょう。
それで試合に出ればよい。
PVだと厳しいですが。
補足に対し指導者なしでpvにとりくむのですか。
いずれにしろ短距離が弱いポールボールターというのは聞いたことがない。
それから練習メニューが他のスプリンターと一緒という点が腑に落ちない。
練習メニューは人それぞれ違うのが普通です。
自分に合わせた練習メニューを作って短距離の能力を向上させるといいのでは。
ジャンパーは全面的運動能力が必要です。
高校時代はその能力を鍛える時間にすればよいのでは。
卒業後pvをやればよい。
自由人なら練習メニューくらい自分で作れないと。
さらに追記男子世界記録保持者ブブカの100m記録は10,3ですアジア記録ノポタボヴィチは10,1せっかくpvにチャレンジする気持ちになったのだから、スプリント力と器械体操の能力を磨いてみては。

速く走る方法を教えてください!

速く走る方法を教えてください!

短距離の場合の速く走るコツをお教えします。
当たり前ですが、万人がこれをやって全員が速くなる訳ではありません。
個人差(筋肉、骨格)もあります。
腕を後ろに意識して走るのではなく、「腕を前に振る」を意識して走ってみて下さい。
実際これだけでも速くなります。
簡単です。
知らなかったのでしたら試してみて下さい。
そして毎日トレーニング出来るのでしたらダッシュや筋トレをしましょう。
ダッシュですが段々距離を伸ばしていくと短距離の後半も強くなります(後半に失速が目立たなくなる)。
短距離で速くなりたいのでしたら絶対に欠かせないメニューです。
筋トレはジャンプ、ウエイトトレーニング、スクワット、かかと運動(かかと上げ下げ)サイドランジ、ヒップリフト、フォワードランジ、階段を使ったトレーニング腕立て伏せ、背筋運動、腹筋運動、けんすい、坂道走、砂浜走メディシンボール、腕振り、レッグカール、レッグリフト等が効果的です。
質問者様が中学生または高校生の場合でしたらこの時期は呼吸・循環系の機能が発達する時期のため有酸素系のトレーニングをすると効果があると言われていますので長距離もお勧めします。
姿勢も短距離では重要になってきます。
背中と骨盤を真っ直ぐにして走りましょう(悪い例・・・猫背)地面に対して垂直に立つという意味ではありません。
100mの場合スタートダッシュ(スピードを生み出す区間)で大切なのは・体の軸をまっすぐにすること・地面に大きな力を加えていくこと・頭を前方に投げ出すイメージで走る・引き上げた脚を地面におろす時、自分の体より後ろに着地・腕振りは大きくアクセル(スピードを上げる局面)で大切なのは・地面に接する時間を短くする・足が地面に接するのは、体の後ろから徐々に真下に・無理な前傾姿勢で走らない中間疾走(スピードを維持する局面)で大切なのは・骨盤を立てたまま骨盤やお腹のあたりの筋肉を引き締め腰まわりを固くするイメージで走る・重い頭を前に進める感じで走る・「振り遅れ」をしない・「振り遅れ」をしないために後ろ脚を素早く前に戻す・着地した瞬間に後ろ脚のヒザが前脚を追い越すことを意識して後ろ脚の大腿を素早く前に引き上げる・脚の回転を止めないようコンパクトに素早く腕振りする・膝から下は何も考えない・スピードが上がったら体の前で着地・足が着地したところに自分の体を乗り込ませながら力を加えていくイメージで走る

陸上の短距離、土井杏南選手や福島千里選手がやっている家でもできる練習ってない…

陸上の短距離、土井杏南選手や福島千里選手がやっている家でもできる練習ってないですか?今は部活がちゃんとやってなくて、家でもできる効果的な練習があったらなんでもいいので教えてほしいです<m(__)m>

土井さんや福島さんがやっている練習は分かりませんが、私が先生に教わった練習は、腹筋、背筋、側筋、腕立て、出来れば けんすい、あれば メディシンボールなどをつかったり、ダンベル などなど・・・。
出来るやつだけで1週間してみるなど・・・。
今日は腹筋、明日は背筋、明後日は側筋 のように。
20回を5セットの計100回しよう などのように回数を決めてやるのも効率の良い方法だと思います(’3’)

毎日コツコツやると鍛えられるタイカントレーニングを教えてください。

毎日コツコツやると鍛えられるタイカントレーニングを教えてください。
あと中3でも体を壊さないような筋トレのメニューを考えてください。
よろしくお願いしますm(__)m

体幹トレーニング 腹筋・背筋 腹筋を鍛える普通の腹筋仰向けになり膝を曲げ固定し、上半身を起こす。
角度のあるところでやったり、上体を起こした時にひねるなどの応用が可能。
普通にやる場合、完全に上半身を起こすより45°あたりで起こすのをやめ、背中を丸めるようにすると効果的。
V字1仰向けになり、足と上半身を同時に起こす。
V字2膝を伸ばしたまま足首をパートナーに持ってもらった状態で上半身を起こす。
足を上げる1パートナーの足で頭をはさむように仰向けになり、パートナーの足をつかむ。
膝を伸ばしたままパートナーの腰の辺りに上げていく。
パートナーはそれをまっすぐ・右・左の3方向に順番に(ランダムでもよい)少し勢いをつけて押す。
腰に不安のある人は無理をしないように。
足を上げる2あお向けになり、腰と一緒に足を上げる。
ひねるあお向けになり、右膝を左膝に乗せる形で足を組む(左足の裏は浮かさない)右(左)手で右(左)足のかかとを触る。
膝をこする仰向けになり膝の角度・太ももと腰の角度を垂直に曲げ空中で固定し、肘を伸ばしたまま手のひらで膝をこする。
胸上げ仰向けで、腰・肩・頭を地面につける。
そこから胸と頭だけ前に曲げながら起こす。
背中は浮かさない。
鉄棒足の届かない高さの鉄棒にぶら下がり、足首が顔の辺りに来るまで上げる(途中一回膝を曲げても伸ばしたままでも良い。
伸ばしたままのほうが負荷は高くなる)。
できなければ足と体が90°になるところまで行う。
足をスライド仰向けになり、膝を前後にスライドさせる。
背筋を鍛える上半身を反らすうつ伏せになる。
足を固定し、上半身を上げる。
(反らしすぎると怪我をするので注意) メディシンボール投げ1~5kgのボールを両手で持ち前かがみになり、体を起こしながら前に投げる・後ろに投げる、両手で持ち体を左・右にひねって体を戻しながら投げる等の動作を行う

ボクシングなどの格闘技ではボディーをどうやって耐えるのでしょうか。
軽く肝臓叩…

ボクシングなどの格闘技ではボディーをどうやって耐えるのでしょうか。
軽く肝臓叩いただけでも結構な痛さですが、慣れるものなのでしょうか。
それとも肝臓周りを固く鍛えればある程度大丈夫になるのでしょうか。

どんな事をするか?総合をやってる私はまず腹筋そしてメディシンボール(革製の重たいボール)を腹の上に投げ落とす、腹を踵で跳ねる位の勢いで踏むそれと大きいグローブで叩くとかします。
でも完全に防げる訳ではなく試合だと頭にパンチを散らされて喰らった場合は効きます、あのオスカー・デラホーヤでもバーナード・ホプキンスのレバーブローを一度は耐えたかの様に見えて悶絶KO負けをしましたので絶対はありません。

無理です
レバーとハートは鍛えることができないですが
根性と筋肉は鍛えるこができます(笑)
うまくないっすか?(笑)>当たる場所の筋肉を瞬間的にしめて、耐えます。
よく重たい皮のボールをおなかに落としますが、あれは当たる瞬間にしめる練習をしています。
グローブがあるとはいえ、相当な衝撃ですから鍛え上げた強靱な体幹部がないとできることではありません。
内臓は鍛えられませんから、鍛えられるところをきたえてガードします。
なお、一般人のけんかなどで倒れ込んだ相手にけりを入れたら相手が死亡したということがあると、元監察医の上野氏の著書にありました。
格闘技はどれも鍛え上げ地道な努力をした人間がルールを持ってやっています。それでも死亡事故や大事故が起きることがあります。
絶対にまねしてはいけません!なれるまでには、長い訓練が必要だということです。>基本は打たせないことが一番ですが、来ると分かってる時の一発というのは普通のボクサーならば打たれる瞬間に力を入れれば耐えられます(みぞおちはダメだけど)。ただ、ずっと続けられると体力を消耗します。フェイントを入れられたり、意識が違う所にいってる時の一発はかなり効きます。レバーにモロに入るとものすごく気持ち悪い上に戦意喪失するそうです。

ですので、ボクサーになるにはまず腹筋をものすごく鍛えないといけません。一流選手の腹筋はもう鉄のようだと言いますね。>内臓は鍛えられません!
「肝臓を鍛える」なんて事は不可能です。

ボクサーがしているのは、「肝臓の前にある筋肉」つまり「腹筋や胸筋」を鍛えて内臓への衝撃を少なくしているのです。

筋肉を鍛えれば、筋肉は硬く分厚くなります。
筋肉を硬く分厚くすれば、中にある内蔵への衝撃は当然軽減できますね☆

そのほかに、筋肉は普段はやわらかいのですが、力を入れれば硬くなります。
なので、パンチをもらった時に素早く硬くなる必要があります。
この反応速度は、ある程度は訓練で早く出来ます。

つまり、ボクサーは「内臓を鍛える」のではなく、「硬くて分厚くて反応の早い筋肉」を作っているのです☆

追記
「みぞおち」って言われる場所は、腹筋の付け根の部分です。(こういう場所を筋の起始部といいます。)
筋肉の付け根なので、いくら鍛えても分厚くなりません。(解剖学的にはアキレス腱と同じです。いくら筋トレをしても、めちゃくちゃ分厚くなることはありません。)
なので、いくら筋肉をつけてもみぞおちに食らえば悶絶物ですね・・・。
このみぞおちに食らわない為にも、ボクシングなどの格闘技の基本スタイルは前傾姿勢(正確には前屈)になっています。

うたれ強い身体になるには、とにかく腹筋や大胸筋などの大きな筋肉を鍛える事!
打たれた瞬間に硬く出来るように反応速度をあげること!(寝た状態で重いボールをお腹に落とす練習などですね。)
あとは、打たれないようにフットワークの練習ですね☆>よく、腹筋をする時に、バスケットボールを肋骨や腹筋にぶつけるトレーニングを見ます。あれはボディー対策で取り入れてるのではないでしょうか。>