東京都内でバランスボールやメディシンボール、チューブトレーニング…

短距離(50メートル)を速く走るようになるには、どのようなトレーニングをしたらい…

短距離(50メートル)を速く走るようになるには、どのようなトレーニングをしたらいいですか?今のタイムは7秒6です。
目指せ6秒台です!

瞬発力を高めるトレーニングhttp://gakuen.gifu-net.ed.jp/~contents/kou_hokenn/hoken/02purpose/0… スポーツには、瞬間的に強い力を発揮し、すばやく運動する能力を必要とすることが多くあります。
このような能力を瞬発力と呼んでいます。
とくに、短距離走、跳躍競技、投てき競技などでは、よ い記録が出せるかどうかは、瞬発力の発揮能力に大きくかかわっています。
瞬発力のトレーニングでは、意識を集中して1回1回の動作をできるだけ速く瞬発的におこないます。
全力でのジャンプやスタートダッシュあるいはメディシンボールを使った運動などは、瞬発力を高めるために有効なトレーニング方法です。
また、筋力を高めるためのアイソメトリックトレーニングやアイソトニックトレーニングも、すばやい瞬発力を高めるトレーニングとしての性格をもたせることができます。
バーベルやダンベルを使用する場合は、 15~60回反復可能な負荷重量(最大筋力の約60%以下に相当)でおこないます。
そのような負荷を用いて15~20回の全力でのすばやい反復を1セットとし、十分な休息を間に入れて1日に数セットくり返す。
瞬発力にふくまれる力と速度の要素は、スポーツの種類によって異なる。
たとえば、卓球やバドミントンでは力より速度の要素が、砲丸投げや重量挙げでは速度より力の要素が重要になる。
したがって、競技力を高めるために瞬発力のトレーニングを実施するのであれば、どのような力と速度の発揮条件で運動が実施されているのかを考えて、それらに類似した負荷条件でトレーニングをおこなうとよい。
また、瞬発力のトレーニングでは、動作の開始時にひじょうに大きな抵抗が筋肉や腱(けん)にかかる。
そのため、ジャンプ動作やウエイトを用いた瞬発力のトレーニングでは、より安全で効果的におこなうために、 動作のコントロールが十分可能な運動条件からはじめ、しだいに運動負荷を高めていくことがたいせつです。

成長期の学生なら、毎日50mダッシュを10本くらい続けるだけで1年後にはクラストップになれますよ。>距離が短いのでスターティングも大事になりますね。>