加圧トレーニングを週1回通うのと、ヨガやピラティスを週2,3回通うの…

加圧トレーニングについて

加圧トレーニングについて妊娠希望の女性です。
1月28日に人工授精をしました。
2月5日の土曜日あたりが着床時期になると思うのですが、その時期に加圧トレーニングをしても大丈夫でしょうか?血流をいったん制限することになるので、どうなのかなあと思います。
冷え性なので、逆に、加圧を行ったほうが着床しやすい気もします。
激しい運動ではないので、大丈夫のような気もします。
どちらなのかよくわからず、いつもどうしようかと悩みます。
ご存知の方や、妊娠できたよ!とかあれば教えてください!病院の先生には聞くつもりですが、実際加圧といわれてもぴんとこないと思うので、ご存知の方がいらっしゃればと思いました。
補足 加圧トレーニングは、3~4年前から行っています。
補足妊娠希望してから、まだ3、4ヶ月。
で、タイミングが合わず、2ヶ月くらい加圧に行けてません。
で、血流が悪くなってると思うので、逆に即効性があるなら、した方がいいのかとも思います。
加圧トレーナーの方の意見としては、わざわざその時期にやらなくても…ってことですか?

この件については、はっきりと答えられるのはよほどの専門家の方でないと、分からないような気もします。
個人的な意見ですがもう、だいぶ加圧トレーニングを行っているようですしあえて、その日にトレーニングをしなくても、いいような気もします。
もし、それで結果が思い通りでない場合はトレーニングをしなきゃ良かった、と思ってしまうかもしれませんし効果は確かに即効性はありますが長期間のトレーニングをしていますのでそれなりの効果は得られると思います。
病院の先生に聞いても加圧トレーニングに詳しい先生でなければ正確な回答は得られないと思います。
私個人の話しですが、話は全然違うのですが私は妊娠中、知り合いの産婦人科に加圧器具を持ち込み加圧を巻いた状態で超音波をとってもらいました。
結果、なんの変化もありませんでした。
加圧を巻いてるからといってお腹の赤ちゃんの酸素が不足されるわけでもなければ全く、普通の状態と同じでした。
いち加圧トレーナーとしては、私でしたら心配なので、日をずらしてもらうかもしれません。

加圧トレーニングって痩せるんですか?

加圧トレーニングって痩せるんですか?

ジムによりますよ。
近くのジムに体験コースはありませんか?効果云々よりも「何かをひとつちゃんと続ける事」が大切ではないでしょうか。
ジムによって雰囲気とか、トレーナーがどんな人なのとか、トレーニングのメニューなどを一度体験した方がいいですよ。
実際にやってみる事で、続く、続かないなど肌で感じられて、不安なども解消することができると思います。
痩せるって気持ちも大切ですが、まずは続けられる環境を探しましょう。
痩せる事を中心に考えているのならば、筋肉増強というよりもエステや美容に力を入れているお店に行くのをお勧めします。

多くの医学関係の専門家の意見はひていてきですね。場合によっては血栓病の原因になりかねないと継承をならしています。>私は効果ありましたよ!加圧もかけかたで程度はあると思いますが、私が通っているスタジオは優しくかけて、じっくり指導して下さります!
元々はスポーツクラブで走ったり鍛えたりしていたのですが、友達の勧めを受けて加圧トレーニングを始めました。色んなメニューがあるので、飽きないし、トレーナーさんとのお話も楽しくて長く続いています!
ただ一番の通ってる目的がマッサージを受けれるところなのですが笑>友達2人が同じ時期に始めたのですが、1人は痩せましたがもう1人は現状維持でした。
2人の違いは、食生活に気を使っていたかどうかですね。>

加圧トレーニングにとても興味があります。
加圧トレーニングはバランスのよい体系…

加圧トレーニングにとても興味があります。
加圧トレーニングはバランスのよい体系を作るには最適なのでしょうか?バランスのよい体型になるには何がおすすめでしょうか?153センチ42~44キロ体脂肪率19~22%です数字的にはおそらく太ってはいないのですが、今日エステの体験で水着をきて写真をとり、改めて体を見て驚きましたおなかがでていてウエストもなく太ももは太くおしりもはみだしたキューピーみたいな体型でしたバランスのよい体型になるには何をするのが一番なのでしょうか?(体験したエステでは入会させようといろいろ言われましたが信じられなくて断りました(*_*))調べると加圧トレーニングが一番なのかなと思いました。
私の体系で加圧は効果があるのか、加圧の他に何かあるとしたらどんなものがあるのか(家以外でするならば)教えて下さいお願いいたします

身長、体重、体脂肪率の数字をみる限りでは、問題無い様に見えますが、少隠れ肥満が少し見え隠れしてるかなって感じがしますね。
(#^.^#)原因は、全体の筋力が落ちて、引き締める能力も落ちてるからですね。
(^_^;)解決方法は、簡単です。
加圧までやらなくても、軽く筋力トレーニングを行えば、2~3か月もすればバッチリでしょう(*^_^*)ジムに行っても、加圧は別料金ですし、皆さんが思ってるほど楽なトレーニングでも有りません。
家で出来る事もいっぱい有りますが、トレーニングの経験が無い方が家で始めても、殆どの方は続かず、その後トレーニングジムに通うといったパターンが殆どです。
最初から、トレーニングジムに通い、トレーナーに目的をはっきりと告げたほうが、絶対に早いです(*^_^*)ただしトレーナーは、重~いバーベルなどを使い慣れた方でないと、的確な指導は期待できません!!軽いトレーニングを希望でも少しゴツイ人に指導を受けた方が間違いないです。
(#^.^#)

加圧トレーニングは成長ホルモンが多く出るので、皮膚の新陳代謝が早くなり美肌になりますよ。デメリットは加圧トレーニングは非常にお金が高いです。それから血栓ができやすい体質の方にはおすすめができません。

スロトレという、一つ一つの筋トレをゆっくりやるという物も同じ効果があります。ゆっくりやると、血液が回らないのと同じに、非常に負荷がかかっていると体が勘違い、成長ホルモンが多く出て、脂肪が遊離脂肪酸に変わりやすくなります。成長ホルモンが出ると血糖値があがり、血中の遊離脂肪酸が増えるので、出来れば、消費しちゃうために有酸素運動もあとでしましょう。遊離脂肪酸は何もしないでおくと、元の脂肪に戻っちゃうんですよ。>

貧血の時に加圧トレーニングジムに通っても無駄ですか?

貧血の時に加圧トレーニングジムに通っても無駄ですか?

無駄というよりは良いインストラクターであればトレーニングさせてくれないはずです。
ただでさえ血流制限をされるトレーニングにもかかわらず貧血であれば間違いなく倒れますし、出来たとしても質の高いトレーニングは望めません。
体調の良い時にしか出来ないトレーニングです。

加圧トレーニングについて質問です。

加圧トレーニングについて質問です。
7割の医者が自分を含む家族には勧めないと言うデーターがあるそうですが、理由をご存知の方教えて下さい。
あと、加圧トレーニングは故意に成長ホルモンの分泌を増やすので、続けているとやめた時に自分で成長ホルモンを出す力が弱くなると聞いたのですがどうなのでしょうか?

①血管壁を傷つけて血栓を生じさせる恐れが多分にある。
血栓は脳梗塞や心筋梗塞の原因になる。
②「故意に成長ホルモンの分泌を増やす」・・これについては疑問が呈されている。

加圧とは意味が違うけど、脚を細く見せることができるというスキニーも履かないことを提唱してる医者もいますね。
脚の神経を圧迫して傷つけ、歩行すらできなくなったケースがあることから。>実際に血栓が出来て手術したからね。その後、別の機会に脳梗塞が発見されたし幸い影響が無い場所での脳梗塞だったから良かったが、ワーファリンという薬を生涯飲まなければならなくなった。その薬の効果が無くなる納豆は、一生、食べること禁止他人が加圧トレーニングするのは知ったことではないが、自分の家族や恋人などなら、ぶん殴ってでも辞めさせる。>加圧トレーニングとは、ざっくり言うと
一時的に血流を阻害してトレーニング効果を高めるモノです。
身体には良くありませんし、血栓などの危険も高まります。
そりゃ家族には薦めたくないでしょう。

今は加圧というワードが一人歩きをしていて
やたらと加圧を冠した痩身サギ商品が溢れていますが、
もはや元々の加圧理論とかけはなれたものばかりですね>

私の好きな加圧トレーニングの特許が今年11月に切れます。
もっと安くやれると思…

私の好きな加圧トレーニングの特許が今年11月に切れます。
もっと安くやれると思ったら、米国著作権法に知的財産権が保護されているとか。
日本の特許切れが米国の法律で延長できるなんてあり?

知的財産分野で「明細書の著作物性」を肯定している。
しかしながら、発明の如く、技術的思想を表現する場合、特許請求の範囲には、法的義務として発明の必須要件を全て記載しなければならない。
その技術的表現に創作者の感情や思想が創作的要素として十分に割り込む余地がない。
つまり、必ず技術的思想を記述しなければならない。
「著作物の成立範囲が非常に狭いもの」であると考えられる。
この団体は、【特許請求の範囲】と表現せず、あえて意図的に法律用語でもない【抵触されやすい著作権の範囲】なる文言を用いて不特定多数の人に警告している。
形式上著作権を衣として、非著作物性の、或いは著作物性を肯定したとしても複製権侵害が肯定される範囲が極めて狭い技術的文章を、あたかも高度な創作性を有する言語の著作物であるように見せかけている。
仮に著作権を問題とするならば、「著作権は複製権なので、著作者に無断で同一の文章をパンフレット等に載せないように」と注意書きを記載すれば済むことです。
【結論】 よって、加圧トレーニングの実施権と、米国著作権とは、全く関係ない。
!しかし、加圧ベルトに知的財産権があるので注意!

前回答者さんがご回答のとおり、特許権の保護対象と著作権の保護対象は、もともと異なっているために、影響されることはあり得ません。

しかし、少し調べた限りでは、主張されている内容は、
「米国著作権法によって特許権が延長される」等ではなく、
「商標法等の知的財産法の保護のほか、不正競争防止法による保護の対象になり得るものです。」
ということで、法律が全然異なっています。

商標法では、その会社が保有している商標権(登録商標)について、
登録されている《商標》を、登録されている《指定商品/指定役務》と類似した商品やサービスで使用した場合には商標権侵害となりますし、

不正競争防止法では、例えば、

他人の商品名等が全国的に著名な場合に、
その商品名等と同一/類似のものを使用等した場合

とか、

他人の商品の形態を模倣した商品を販売などした場合

などが、
「不正競争行為」として、差止請求権・損害賠償請求の対象になりえます。
(不正競争行為の類別の例示です。)

米国著作権とは明らかに無関係ですよ。

あと、「特許が切れたら値段が安くなる」という理論は、
供給元が増えるから、価格競争が生じやすい環境となり、結果として価格が安くなるのであって、必ずそうなるものとは限りません。特許権者だった者が、引続きその商品の製造などを独占実施する場合には、価格が変わりにくい状況に変わりはないでしょう。

良く議論される医薬品特許に関しても、特許切れした医薬品(新薬だったくすり)自体はそんなに価格は変わらず、
後から出てきたジェネリック医薬品がより安価なため、購入する人がより安価な医薬品を購入できるようになる
っていう構図ですから、特許切れになったくすりそのものは、そんなに安くなりません。>仮に特許が存在するとしても、特許と著作権では保護対象が異なります。
加圧トレーニングの方法に関する特許があるとするならば、その方法を使った商売をすることを禁止でき、使用許諾を得ないと実施できません。
著作権は、表現を保護するものであり、アイデアを保護するものではありません。
著作権では、加圧トレーニングのマニュアル本だとかDVDをコピーしたり、似たようなものを作ることは禁止できますが、その内容(加圧トレーニング)を実施をすること自体は禁止できません。

http://cozylaw.com/copy/kihon10/no-003.htm>

加圧トレーニングを週1回通うのと、ヨガやピラティスを週23回通うのと、ダイエッ…

加圧トレーニングを週1回通うのと、ヨガやピラティスを週23回通うのと、ダイエットはどちらが効果あると思いますか?

どういうふうに痩せたいかにもよりますよ(^◇^)私はどちらもしています。
週に2ー4回ほど!ですがどちらも併用して5キロの減量に成功しました!!加圧トレーニングだと筋肉がついてしまい太くなりモデルのようにはなれません。
が、筋肉の基礎をつくらずしてダイエットは成功しません。
ヨガやピラティスは芯から整えて柔らかい筋肉をつくります。
こちらの方が見た目はいいでしょう。
ただ即効性はありません。
せいぜいお通じがよくなる程度でしょう。
悪いことばかりしか言ってないですが、私は併用して痩せ続けています。
やせたいならどちらもやってみては??自分で体のリズムを把握できるはずです!!

質問者さんの体型や運動能力にもよるので回答しません。
が…
もしある程度の筋肉や運動素人なら「絶対」に加圧トレーニングは止めておきなさい。あんなもん下手にやると、身体を壊してしまう。ダイエットの為ならある程度やせて筋トレや引き締め効果を狙うなら…。それでもオススメしませんけど。加圧トレーニングによって内出血したり血行障害を起こして一生麻痺になる事も事実として知っておくべきです。>