ファイティングロードの「トレーニングベンチ」を2年前に一度解体して…

ファイティングロードの「トレーニングベンチ」を2年前に一度解体して、今日再度組…

ファイティングロードの「トレーニングベンチ」を2年前に一度解体して、今日再度組み立てようとしたのですが、ボルト類が無くなってしまって組み立てられなくなってしまいました。
ボルト類のサイズが分からないので、分かる方(説明書をお持ちの方)がいれば、サイズと必要本数を教えて下さい。
宜しくお願いします。

パーツから、穴の径と必要な長さが分ります。
それで、揃えるしかないです。

胸のトレーニング(ベンチプレス、ダンベルフライ、インクラインダンベルプレス)と…

胸のトレーニング(ベンチプレス、ダンベルフライ、インクラインダンベルプレス)と肩のトレーニング(ショルダープレス、サイドレイズ、リアレイズ)を行った次の日に上腕三頭筋を鍛えるトレーニングをするのはナンセンスでしょうか?どなたか回答お願いしますm(__)m

特に問題ないと思います。

まあ、三頭は前日のトレーニングで十分刺激されていますから、ナンセンスとは思いませんが、おやりになるならお書きになっているものをなさった後、追い込みとしてその当日なさる方が効果的に思います。

お考えはいろいろですし、時間的な問題は私に判りませんので、ご判断はご自身でなさることです。
参考になれば幸いです。>

ベンチプレスをいまやっているんですがコツというのがわかりません

ベンチプレスをいまやっているんですがコツというのがわかりませんいま上がる重量はMAX92.5キロ80キロ×3 75キロ×8 ダンベルベンチは17キロでやっています同じ部活の子はブリッジなど使わないで100キロ上がります自分はその子に負けたくありませんどうかいいトレーニング方法やコツを教えてください

100kg挙がる方とは、部活が同じというだけで、骨格や筋力、筋量、フォームなどは違います。
扱うウエイトだけを考えるのではなく、しっかりとしたフォーム作りを一番に念頭に置きましょう。
その先に、100kgがあります。
目的が高重量を挙げることなら、足の踏ん張りが体感部を伝わって、上半身、腕に繋がるような、全身運動のフォームで、ベンチプレスを行う必要があります。
ベンチプレスの基本は、この動画が参考になるのではないかと思います。
世界で最も有名なストレングスコーチの1人である、Mark Rippetoe氏のベンチプレスを解説したものです。
https://www.youtube.com/watch?v=W36C1YcI1MM足の踏ん張りというのは、足裏全体を付けて、土踏まずを生み出すアーチ状の骨格を利用しつつ、拇指球の意識で行うことが必要です。
その重心がずれていると、うまく踏ん張れません。
足の踏ん張りを使った瞬発力は、ジャンプすることと同じですから、つま先内側前重心に改善しましょう。
https://www.youtube.com/watch?v=klV9fJYmTngまた、日本でよく言われているゆっくりではなく、世界中で当たり前に行われているように爆発的に素早く(explosive、fast up)持ち上げましょう。
速筋は、その字の通り、速い動きに神経系が反応しやすいです。
特に筋力は、速くやった方が伸びると、科学的にも実証されています。
高重量になればなるほど、重さに押さえつけられてしまうので、見た目上のスピードは低下しますが、意識としては常に爆発的に素早く持ち上げましょう。
メインとなる75kg8レップを爆発的に素早くこなしてけば、筋力、パワー発揮力が伸びていくと思います。
いろいろな意見や理論がありますが、1つの参考になれば幸いです。

ダンベルは50kg目指しましょう>多分、フォーム無視で、反動ありのショートレンジでやっているものと推察されます。と言いますのも、いろいろな扱い重量と、その挙上回数がありえないことになっています。フォームが一定でなく、それ故に、挙上回数のカウントが信頼できないものになるのだと思われます。

まずは、ストリクト&フルレンジの正しいフォームを体得しましょう。正しい一定のフォームを習得しないと、回数増によるプレート増量の目安も曖昧になり、漸進法が機能しない。漸進法が使えなければ、常に気分次第の設定となり、行きつ戻りつを繰り返すだけのトレになる。コツということにはなりませんが、結局、王道を歩むのが最良(近道)です。

また、Big3というのはコアトレーニングなのですから、当然、ブリッジで体幹を固めることは必須要件です。ベンチに骨盤を立てるには、スクワットと同様に下背部の収縮が必要になるのですね。ベタッと背中全体をベンチに着けて、体幹に楽をさせていてはいけないのですね。

ブリッジフォームの研究、そして、ストリクト&フルレンジで、頑張りましょう。>「ブリッジを使わないで」みたいなことはあまりいいことではありません。それで100キロ挙がるのはすごいですが、しっかり肩甲骨を寄せて綺麗なフォームでやることが基本で、大事なことです。MAX92.5キロでダンベルプレス17キロは少し軽くないですか?取り敢えず、ベンチプレスの重量を伸ばしたいのであれば、綺麗なフォームを作ることと、常に重い重量を扱うことです。例えば、ベンチプレス105キロをショートレンジ(補助必須)などで身体に重さを覚えさせることです。一番わかりやすいのは増量することですね。>

ベンチプレスの挙重重量について質問です。

ベンチプレスの挙重重量について質問です。
トレーニング歴2年ほどですが、今年の初めにベンチプレス100キロが挙がり、当初の目標をクリアできたので、それから胸に違う刺激を与えたいと思い、ダンベルベンチに移行しました。
半年程で、ダンベルベンチ32キロ10レップができたので、違う日に半年ぶりのベンチプレスをしたら、80キロ10レップできたのが、72キロ10レップがやっとでした。
これにはすごく残念な気持ちになり、今までの2年は何だったのかと非常に落ち込みました。
ダンベルベンチとベンチプレスでは、同じ大胸筋でも使う部位が違うのでしょうか?筋肉の大きさに特に変わりはないと思います。
再び100キロ挙げるようになるには、また長い時間がかかってしまうのでしょうか?

32キロのダンベルが10回挙がってバーベル72キロが10回って事は普通は無いと思うんですがね。
人によって得意不得意はありますが。
逆にバーベルしかやってなかった人がダンベル始めると、ダンベルを安定させる神経が慣れてなくて上手く挙げられなかったりしますね。
バーベルとダンベルに限らず、レッグプレスとスクワットとか、懸垂とラットプルダウンとか何でもそうですね。
使う筋肉は大体同じでも違うんですよね。
同じ部位でもトレーニング変えるとよく筋肉痛になるし。
あなたの場合、ベンチやらない期間が長すぎたのでは?筋肉はマンネリを嫌うので、毎回同じトレーニングやるより、変えた方が刺激にはなるけど、ベンチの重量に拘るなら半年も空ける必要は無かったですね。
ただし再開すれば元々挙がった重量まではすぐに戻るので、今までは何だったのかとか気にしなくてもいいですよ。
まったく問題無し。

ベンチプレスで重いものを持ち上げられるって意味あるんでしょうか?

ベンチプレスで重いものを持ち上げられるって意味あるんでしょうか?昨年の10月から筋トレを始めました。
筋トレを始めた時は身長161cmで体重43kg。
今年の8月に体重は62まで増やしましたが、お腹が出過ぎたため、現在は56kgまで減らしました。
で、今日の筋トレの時の話なのですが、僕はいつもベンチプレスを110kg×12回でやっています。
(もちろんベンチプレスだけでなく肩、背筋、腹、腕、足などもトレーニングしています。
)僕がベンチプレスをやり終えた後に身長が170cm程でガタイもそこそこある男性が30kgを10回程の回数を必死になってやっていました。
それを見て思ったのですが、体格だけ見るとベンチプレス30kg×10回の男性の方が僕より明らかに力がありそうです。
力比べをしたらベンチプレス110kg×12回の僕の方があっさり負けそうです。
体重が62kgあった8月頃は服を着ていても、ガッチリした体格に見えましたが、56kgまで減らした今は筋トレを始めた時に比べばガッチリした体格かもしれませんが、やはりTシャツでも来てしまえば、身長が161cmと低いこともあり華奢な男にしか見えません。
ベンチプレス110kg×12回のトレーニングをこなせるんなら、僕は身長170cm程で割りとガッチリした体格でベンチプレス30kg×10回の男より力があるんでしょうか?お互いの体格を比べると到底力で勝てる気がしません。

56キロで110が12回ってすごいですね。
MAXは140キロくらいでできるんですか?それが本当なら、例え背が低くても山本キッドみたいな体になるし、腕もすさまじく太くなりますし、胸の厚みもかなりのものになります。
ですんで、170程度でベンチ30キロの男があなたよりガッチリしているように見えるわけがありません。
ベンチしたことないでしょ?

本気でトレーニングして 成果を出している
質問者さまなら きっとわかってくれると思いますが

人との比較じゃないの
昨日の自分より
ほんの少しでも成長できたのが嬉しいだけ
自己満足かもしれないけどね

最初は20kgのバーしか持てなかったのが
だんだん自分の体重まで扱えるようになった
時の達成感は 他では味わえないと思います>釣り質問というのはどうしても大げさに書きすぎて
信憑性がなくなる。

もう少し控えめにかけばもっと釣られる人も多いん
だろうけど、そのへんの加減が未経験者にはわから
ないんだろうな。>嘘はいけませんな>161cm56kgで110kg×12、こんなハイスペックな奴がこんなくだらない質問するかよ。30kgでハアハア言ってんのは貴方じゃないのか?>あなたの方が力があると思いますよ
しかしベンチプレスはスポーツには余り役に立たないので、喧嘩みたいな力比べでは分かりませんが>

ベンチプレスの重量にバラツキがあります。

ベンチプレスの重量にバラツキがあります。
筋トレ歴は4ヶ月。
先週ベンチプレスMAX重量66kgがあがりました。
胸まで下ろし、お尻も浮かずに。
しかし、今日トレーニングにいきベンチプレスをしようとしたら60kgで重いな、と感じ全然だめでした。
胸は週一ですが自分も胸は疲れが取れにくいなとかんじることはあります。
不調のときはどのようにセットを組むといいですか?

不調なら休めばいいだけです。
筋トレの為だけに身体を使ってるわけじゃないでしょ?生活強度でも回復力は変わります。
超回復なんてものはありませんが、筋トレ効果を得たいなら、気力体力が充実して前回よりヤレるって思った時にやってください。
仕事じゃあるまいし、だるいのに筋トレする必要など何処にもありません。

毎回重いのでは駄目ですよ。70~75%程度を10回3セットで組んだり、85~90%を5,6回3セットで組んだりと刺激を変えるといいです。
また、1割も重量が落ちているなら休んで、回復したらやった方が良いです。>軽いのから、やりましょう!20kgスタートウォーミングアップが出来てないと、、重く感じます!>上がらなきゃ諦めて、違う事をやりましょう。

あるいは、挙がるところでやめておく。
少しでも食事を疎かにすると、ギリギリのところじゃラックから降ろせない、そんな事さえありますよ。>

ベンチプレスのトレーニングついて教えて下さい。

ベンチプレスのトレーニングついて教えて下さい。
①ピーキング期にはトレーニング量を減らして身体を休めつつ、高重量のトレーニングで1発の出力を上げていくという認識で合ってるでしょうか?②①の認識が合っているようであればピーキング期にはトレーニング量が減りますが、それが1?2ヶ月続いても筋量の低下による競技へのデメリットはないのでしょうか?③5月くらいのアイアンマンの記事では各階級の日本チャンプのトレーニングは全員エブリベンチでした。
ピーキング期とは違うのかもしれませんが、既に高レベルの方がエブリベンチで記録を伸ばす(まだ伸びる)のはどういう理屈なのでしょうか?

①あっていると思います。
②二か月もトレーニング量が減れば筋量は低下しますし、そうなれば挙上重量も落ちます。
③実際にトレーニングに立ち会ったわけではありませんが、エブリデイベンチが、文字通り毎日というわけではないでしょう。
疲労の度合いに応じて休養をとるでしょうし、身体の状況次第でトレーニングメニューを変更するのが当然です。
伸びなくなれば、やり方を変えます。
そういう調整ができなければトップには立てません。

①体を休めるのではなく、セットを組んだトレーニングから1発に向けてトレーニング内容を変えて行くという事で、休めるという意味ではないと思います。文字通りピークを作り上げているのです。

③毎回Maxをやるわけではなく、フォームの確認などいろいろチャレンジしているのだと思います。
重量は適時コントロールしているともいますが、有名な選手はかなり関節などにけがを抱えているようですね。>

トレーニンググローブについてです。

トレーニンググローブについてです。
自分はベンチプレスやカールなどを主にするのですが、グローブはゴールドジムG3402とハービンジャー(画像)どちらの方がいいでしょうか? ベンチプレス、カールなどに限定しなくても別にいいです。
また、どちらのメーカーの方が普通いいものですか?

写真の一体型のグローブは良くなかったです。
だから、自分はハービンジャーのグローブとタイタンのリストラップを使用しています。
参考にしてみてください。

初めまして。

初めまして。
筋トレの中で胸のトレーニングに関してですが、自宅トレーニングでベンチプレスが出来る設備が無いので、腕立て伏せをやっているのですが、足の位置を、腕を伸ばしたポジションで背中と水平になるくらいに椅子でオフセットし、リュックに10kgの重りを背負って、プッシュアップバーで可動域を広げてスロトレを意識して1セット目を12回くらいで限界が来るようにやっているのですが、やはり胸のトレーニングとしてはレベル低いでしょうか?現在身長180で体重68です。
体脂肪は測った事がないので解りません。

画像からして、自体重トレーニングでそこまで鍛えられているのならば、上級者のレベルですね。
もちろん、大胸筋のトレーニングとしてベンチプレスの環境が整っていれば、なお望ましいでしょう。
ですが、自体重でも他にできることはあります。
プッシュアップの変形verとして、強度を上げる「サークルプッシュアップ」、「片足を上げてのプッシュアップ」→「両足を上げてのプッシュアップ(プランシェ)」また、手や足の高さを変えて角度をつけての「インクライン・デクラインプッシュアップ」で大胸筋の上下も鍛えることが可能です。
さらに、手幅を広げることで効かせる範囲や強度を変えることも可能です。
もちろん、大胸筋下部は「ディップス」などの種目でもアプローチ可能です。
プレートやダンベルがあれば、「ダンベルプルオーバー」や「ダンベルフライ」など、もう少し胸の種目のバリエーションが広がります。
ベンチプレスの道具をそろえる前に、そちらの方面も検討してみてください。

回答有難う御座います。
画像はパンプアップしてますので、ノーパンプだともう少しおとなしいですが…。
もっといろんな種目でオールアウトをさせてみるのも違う方面からの刺激になっていいのかもしれませんね!
引き続き頑張りたいと思います。>あなたに学んで頂きたいことがあります。

それは、自重だから、バーベルだからという差別はない、ということです。

なぜなら、自重も、マシンも、ダンベルやバーベルのようなフリーウエイトも、地球の重力があるからこそ、「重さ」になっている訳で、どれもその重さを利用して負荷を生み出す同じウエイトトレーニングなのです。

自重のみであろうと、自重にリュックを背負おうと、バーベルを背負い込もうと、自重+ゼロ、リュック、バーベルという違いだけであって、自重の負荷が常に掛かっているのですから。
https://www.youtube.com/watch?v=aQwMWCXIm0k

画像を見る限りの判断では、対象筋に強い負荷を与えられていて、結果が出ている訳ですから、ワークアウトレベルは逆に高いと思います。逆三角形で、かっこいい筋肉の付き方だと思いますよ。

逆に、バーベルを扱っても、重さを振り回しているだけで、負荷が逃げまくって、筋肥大に繋がらない人の方が、圧倒的に多いです。
そういう方々は、いくら扱うウエイトが重いとしても、レベルや理解度が低いと思います。

対象筋にいかに強い負荷を与えるか?が重要であって、自重でもバーベルでも、それが出来ているか否かが要点になります。
スロートレーニングは効果がありますが、出来れば速さで負荷を高めるベーシックなアプローチもお試しください。
爆発的な素早く強い収縮によっても、負荷が高まりますよ。
https://www.youtube.com/watch?v=BDPxBWapR6E

私個人は、ベーシックなウエイトトレーニングを勧めてはいますが、結局のところは、人それぞれの目的に合っていて、結果に繋がっていれば、どのような形でも正しいアプローチだと思います。

今現在の自重のワークアウトに自信を持って、今後も楽しく鍛えていきましょう。
お互い、理想の体型を目指して、頑張りましょう。

いろいろな意見や理論がありますが、1つの参考になれば幸いです。>ゴリゴリのバッキバキと言って良いのでは?
私も自重トレオンリーです。もっと頑張ろう、と思いました。( ・ω・)ノありがとうございます。>こんばんは。

腕立てで工夫されているだけあって大胸筋が発達していますね。

まずまず出来だと思います。

普通、腕立てだけで大胸筋が盛り上がらず初画像なぐらいです。

後は、ベンチプレスができる環境づくりだけでしょう。>

トレーニングについてです

トレーニングについてです44歳。
ジム入会は17歳からです。
スペックととして28歳くらいには150キロ一回ベンチであげれました。
脚や肩などしょぼいままで年を取りました2年ほど前からビルダー元県チャンプの指導受けていろいろ試行錯誤しています。
現在4か3分割でジムに週三から四通ってますジム通いは26年ほどとなりました学生時代やっていた柔道を誘われて、週一か二通うつもりですウェイトは大好きなので一生やるつもりですがウェイト、柔道でほぼ毎日は年齢的にキツイかと。
なので、ウェイトは一生やりますが。
44歳、もうこれ以上目覚ましく伸びない(肥大)できないのかな、と感じてますそれならば柔道2回ジム二回(脚と上半身の二分割)にしようかと。
あきらめみたいな話になるのですが44歳だと、トレの刺激を変えてももうさすがにそこまで肥大は難しいのでしょうか?

http://m.pandora.tv/?c=view&ch_userid=monako5&prgid=54005900トレーニングとしてもですが、『ミラクルボディー復活日本柔道』(こちらは重心線、軸をブラさずに相手の下腹部の重心点、すなわち丹田タンデンを虚を突いて、言い換えるなら呼吸を盗んでこちらの腰の切れで崩すのが骨コツのようです。
)や過去のメダリスト、達人名人の動画眼光紙背に徹すの意気込みで何ども目を凝らして、一心同体その骨身に深く刻むようフィードバックするもよし。
柔道、レスリング、サンボ、合気道、ブラジリアン柔術の道場に出稽古的に習いに行くもよし。
(武道格闘技経験者なら、腑に落ちてもらえると思うんですが、何が恐いかルールの範囲内で、知らない原理の知らない技をかけられるのが恐い。
日本柔道選手がオリンピックなどの国際大会、総合・MMAでこのパターンの罠にはまることも)https://youtu.be/1FjS2HNRlK0大野選手の試合のバックボーン。
熱き剛腕で掴んだ筋金入りで研ぎあげた斧かマサカリのごときハムストリングス(モモ裏)、腰の切れで大木ぶった切るつもりでズバズバと。
それを丸太のように小脇、脇腹に抱えて二本柱として松葉づえがわりに『帯をギュッとね』『コータローまかり通る柔道篇』『七帝柔道記』などのリアル柔道漫画でイメージトレーニングするもよし

https://youtu.be/drlLbyXkaJQ

武道家よりサムライな男のトレーニング哲学>現状どれだけのスペックによりますよね、常人を凌駕するレベルにあるのでは?
確かに20~30代にはかないませんけど、150挙げれば充分では>当方49歳。ジム入会はまともにしたことはあまりないです。
(ありがたいことに公共の施設が近隣にありますので)

中2の時、お年玉で鉄亜鈴(4キロ2個)とエクスパンダーを購入。
以来バスケの部活と並行して宅トレし、大学時代はベンチ85kg。
社会人になり不摂生生活まっしぐら。

30歳過ぎてからベンチを中心にウエイトを徐々に再開。転勤、子供の習い事の付き添いなどでブランクも多々あるも、30代中盤で145kgのMAX。
その後もしばらくブランクあるも44歳で170キロ一回ベンチであげれました。
脚や肩など(同じく)しょぼいままで年を取りました。

>あきらめみたいな話になるのですが
44歳だと、トレの刺激を変えてももうさすがにそこまで肥大は難しいのでしょうか?

筋肥大はあまり追求したことがないのですが、徹底的にはやってこなかった広背筋、三角筋あたりは最近意識してやり込んだ結果、でかくなってきました。

ウェイトリフターの方々も多くいらっしゃる環境で、最近はそちらにも誘われてクリーンやスナッチも始めました。これは新境地で楽しいです。全然ダメダメですけどね。>現在45歳。ジム入会は17歳からです。スペックととして27歳くらいには
150キロ一回ベンチであげた事があり、20代後半から、流行りブラジリアン柔術はまり、30代後半から堕落して、41歳から、筋トレを再開した者です。個人差は、あるとおもいますが、自分は44歳の時、年間の筋肉量の増加が1kgしかなく、かなり絶望感に浸っていました。これぐらい年令から、筋肉量増加は難しくなるみたいですね。ボディービルコンテストや柔道の大会にでるなら頑張ってください。筋肉量増加は不可能ではありません。ちなみに、自分は現在、コンテストも大会にも、もう、出ないので、絶望感から復帰した時からテストステロンを注入して元気に筋トレしています。>