筋トレとストレッチの両立について。筋トレで筋肉を損傷すると、スト…

とあるストレッチをしようと、

とあるストレッチをしようと、床に背中、壁に両足(体が垂直である状態)をつけようとした時に、腰辺りの背骨が丸まるせいでお尻が完全に壁に付く事が出来ず、足もつりそうになります。
これは背骨が曲がっているということでしょうか?体が柔らかく無い限りお尻は壁に付かないのが通常なのでしょうか?またもし曲がっているのでしたら改善方法等教えていただけると有難いです!

この状態は、脚の筋肉ハムストリングが硬いから壁にお尻が着きません。
床に脚を伸ばして骨盤を垂直にできれば、壁にお尻が届きます。
ダンダアサナ(杖のポーズ)というヨガのポーズがあるので調べてみてください。
ハムのストレッチをすればいいですよ。

筋肉の硬さが原因だったのですね!安心しました。是非調べてみます。>

ストレッチをしたり夜ご飯を少なくしたりしてますがお腹だけ痩せません。

ストレッチをしたり夜ご飯を少なくしたりしてますがお腹だけ痩せません。
前に腹筋を1日100回を2週間続けましたが、腹筋が固いのにその上には脂肪があってぶよぶよしてます。
どなたかお腹の脂肪をなくす方法教えて下さい。

同じくストレッチや腹筋してます。
お腹周りはひねるといいそうです。
あと、このブログで紹介されていたんですが、http://blog.crooz.jp/umeumetann/ShowArticle?no=55ボニックというボディマシンというのが体質的に合うのかなと思います。
お互い頑張りましょう!

もっと食事制限するか運動量を増やして脂肪を燃焼させなければいけませんね。
ご飯多いとか少ないとかでなく何カロリーなのか知ることが大切です。
揚げ物のように少量でも高カロリーで太りやすい食べ物もあればコンニャクのように大量に食べてもほとんどカロリーゼロの食品もありますからね。>ウォーキングや踏み台昇降等の有酸素運動と組み合わせた方が
効率よく脂肪を減らせるでしょう

最後の5%位の脂肪を減らすのが時間がかかりますよ
根気よくやっていかないといけませんね>

ストレッチマンについて

ストレッチマンについてストレッチマンについての質問です。
彼は銀色のストレッチ衣装も着てましたよね?

↓ の事でしょうか?『グルグルパックン』のコーナーだった時代(1994~1999)に、これを着ていたそうですが。

ストレッチは痛くなくきもちいい程度に30秒ほど伸ばさないと効果はあらわれにくい…

ストレッチは痛くなくきもちいい程度に30秒ほど伸ばさないと効果はあらわれにくいと言いますが、痛くなくて気持ちいいストレッチの加減なんてありますかね?私は伸びてるなという感覚がわかるくらいに伸ばすとすごく痛いです。
きもちいいなんて感覚はまったくありません。
これって私の体がおかしいだけなんですか?今までは顔が真っ赤になるくらいの痛みに耐えてストレッチしてきていましたが流石にもう耐えられません。
どうすればいいでしょうか?

アスリートなどいつまでに柔らかくするとかでなければ無理のない範囲で。
目安は深呼吸して30秒保つレベルでしましょう。
負荷が高ければタオルやヨガブロックなどを活用したり、両足前屈を片足前屈にした方がいいでしょう。
体が硬い時と柔らかくなってからでは痛みに対する耐性が違う気がします。
2ヶ月は最低毎日継続しないと柔らかくなりませんので少しずつ改善しましょう。

ストレッチ

ストレッチジャンプ力に効果のあるストレッチを教えてください!

ストレッチには筋力強化の効果はありません。
したがってジャンプ力を鍛えるなら筋トレをしないと意味が無いです。

筋トレとストレッチ。

筋トレとストレッチ。
筋トレ:ストレッチの対比は1:2、要はストレッチは筋トレの倍の時間・労力を割いた方が良いでしょうか?(パフォーマンスの回復)

筋トレは自身の体と相談して行うもの。
ストレッチはけが予防として日常的に行うもの。
それぞれの運動で、効果のある量を行なえば良いかと。

ストレッチで筋を痛めました(内もも)

ストレッチで筋を痛めました(内もも)去年の9月あたりにストレッチをたくさんしていて伸ばし過ぎたのか違和感を覚えました右脚の柔軟性の方が左脚に比べて高かったのに今では右が伸ばすと痛いですただの炎症だと思ってすぐに治ると思ったのですが、間(半年以上)が空いて再び柔軟というかジムに通うようになりましたそしたら内ももの違和感が消えていなくて右脚の内ももにあざができましたあざは3日程で無くなったのですが何か様子がおかしいです治す方法があれば知りたいです!時間がたっても治らないので病院に行こうと思っているのですが何科を受診したらよいのでしょうか?よろしくお願いしますさすがに半年以上たっていたので

整形外科です スポーツ診療などに強い病院を探して見てください。

自分はアキレス腱を痛めた時整骨院に行きましたよ。>

ダイナミックストレッチは伸張反射が出ないようにやるのがいいといいますが、バリ…

ダイナミックストレッチは伸張反射が出ないようにやるのがいいといいますが、バリスティックストレッチでは伸張反射を利用するのでしょうか?

バリスティックストレッチは、伸張反射を促すもの。
伸張反射を利用してるわけではありません。
反動を使い最終姿勢を維持しないのですから、伸張反射を利用していることにはなりません。
利用ということになりますと、伸展状態が戻る時に、何らかのストレッチ効果が必要になる。

肩甲骨をやわらかくするストレッチはどんなのがありますか?

肩甲骨をやわらかくするストレッチはどんなのがありますか?補足野球の肩を良くするために、

肩甲骨を閉じたり、開いたりするストレッチ方法がありますが、動画を含めた説明の方が、わかりやすいと思いますので、サイトを貼付しましたので、クリックして、試して下さい。
http://www.sc-labo.com/introduction002.html[補足]上のは、ゴルフにも有効な肩甲骨のストレッチですが、私が毎日行っているもうひとつも方法を紹介します。
1)両手を後ろ荷」回し、両方の5本の指を中に絡めて握ります。
2)絡めた両手を下側から上の方にゆっくりとあげ、肩甲骨がよったのを感じたら、少しキープこれを行うと、肩が後ろ側におさまりやすくなり、前の胸もしっかりとはれるようになりますので、猫背の防止にもなります。
[再補足]補足で書いたストレッチは、野球にも共通するものですが、もっと野球に特化したものを希望するのであれば、以下のサイトを参考にしてください。
http://www.sugisetsu.net/stretch/print_baseball.htmlhttp://www.k4.dion.ne.jp/~fuu/sports/16.htm

筋トレとストレッチの両立について。
筋トレで筋肉を損傷すると、ストレッチの効果…

筋トレとストレッチの両立について。
筋トレで筋肉を損傷すると、ストレッチの効果に影響を及ぼすでしょうか。
私は大人からバレエを始め、現在バレエを踊るための体づくりに励んでいます。
今はターンアウト(大腿骨の外旋)のために、股関節周りのストレッチや、外旋六筋、ハムストリングス、中臀筋、大臀筋、腸腰筋等の筋トレを行っています。
しかし、半年以上毎日1時間ストレッチしているのにも関わらず、なかなか柔らかくなりません。
そのため、筋トレで筋損傷を起こしていたら、筋肉は伸びないのではないかと思うようになりました。
実際、筋トレの翌日は筋肉痛のせいで、普段のストレッチよりも痛みを感じます。
筋トレとストレッチは両立せず、先に筋力をつけてから、ストレッチをした方がよいのでしょうか。

私も、長くバレエをしてます。
筋トレしていらっしゃる様ですが、機械とか使ってですか?バレエの筋肉は、長く伸ばしながら鍛えるものですから、普通の短縮させる筋トレですと、バレエ向きの筋肉は、つかないですよ。
体幹を鍛える為に、自分で、腹筋、背筋等は、しますが、体重以上の負荷をかけての本格的な筋トレは、筋肉を短くさせると思いますので、あまりオススメではないです。
確か、子供等、バレエを初めてする場合は、まず、ストレッチからだったと、記憶してます。
とにかくバレエを踊るのに必要な筋肉の長さができるまで、ストレッチをし、ストレッチが完了したら、筋肉を鍛えるのが、本来のやり方だと思います。
大人でも、同じじゃないでしょうか。
筋肉を長く使う事が、上手く踊るコツですから、ストレッチをまずされて、満足できるまで伸びたら、筋肉を鍛えたら、どうでしょうか。

ご回答ありがとうございます!私はマシンを使って脚の筋肉を鍛えていました。プランクなどの体幹を鍛えるトレーニングにプラスして、アンデオールに必要だと言われる脚の筋肉をマシンを使って効率的に鍛えようとしてます。でも、バレエ向きの筋肉はこのやり方ではつかないんですね!まずはストレッチを重点的に行って、バレエのレッスンで脚の筋肉をつけようと思います!>私は男性でバレエの経験はありませんが運動の専門家(体育学部出身)です。

基本的に筋トレとストレッチ(柔軟の一種で主にウオーミングアップのひとつ)は別物で関連性はありません。

筋トレも練習方法では2種類あり、簡単に言うと動的動作が無い(静的)アイソメトリックトレーニングと一般的(によく使われる筋トレ)な動的動作のアイソトニックトレーニングです。

一般的な動的トレーニングでも負荷の重い物を数少なくや軽い物を数多くやスピードを付けてやるというふうに色々あります。それぞれ付けたい筋力により違ってきます。どちらも共通するのは当然実施した後(半日から1日で直後は疲労感あり)に痛み(いわゆる筋肉痛)があるのは当然です。
筋肉痛がある内はストレッチや柔軟運動でもある程度の痛みがあるのは当たり前です。しかしウオーミングアップをしっかりして臨めばなくなり、練習の後はまた筋肉痛がでてくるのは普通でその繰り返しです。

一方柔軟の一種というかストレッチはじっくりと時間を掛け(20秒から30秒)筋肉繊維やじん帯・腱を伸ばす運動です。大概は自身の力のみでリラックスして行います。よってストレッチで細胞を炎症させることは無いと思います。しかしこれでは準備運動としては良いのですが関節角度を広げるという本来の柔軟力アップの効果は望めないと思います。

柔軟力をアップさせるにはストレッチ(準備運動)の後、自身による限界までの柔軟運動をし、最後は強制的(誰かに押してもらう等)に行わないと劇的には柔らかくなりません。

もちろん筋トレ同様柔軟運動も度を超したり、ウオーミングアップ不足で行うと故障(関節や筋繊維の炎症)が起きる原因となり、これは翌日に痛みが無くなるという上記筋肉痛ではありません。運動を止めても数日から数週間続きます(通常はその間に診察を受ける)。

どちらの運動もミクロン的には筋トレや柔軟運動で細胞を破壊させ、修復させる過程で(身体はよりその酷使に耐えるため自然に強化される体となる)筋繊維が太くなったり、関節や筋繊維の可動域が広がるのです。

よってご質問の内容の回答ですが、私は以下の通り思っています。
ストレッチは準備体操の一環でこれ自体では柔軟力(例えば股関節180度以上開く)は付かないと思います。別途強制力のある柔軟運動が必要です。

当然筋トレとは全く別の物ですので同時に並行してやるべきものです。バレエにはバレエに適した筋トレがあると思いますので専門家に聞くのが良いと思います。私はバレエについてはわかりません。筋トレも柔軟も効果が出てきても止めれば徐々に効果は無くなり元の身体に戻ります。

ただ上記の通りウオーミングアップ不足や自身の身体に適さない過度な運動(筋トレ・柔軟)は故障の原因となり、適切な実施後は誰にも日常起こるいわゆる筋肉痛や柔軟痛とは違うものです。

質問者は大人と言うことですので、何歳台かわかりませんが、高齢になるほど筋トレや柔軟力をいくら実施しても身に付けるのは困難となります。もともと身体が固い人が大人になって実施しても効果が出にくい(出ない)というのは青少年の若者と比較すれば当然の事です。>