マラソンについてです!以前、5キロのベストが27分、10キロのベスト…

東京マラソンをボーッと眺めていた

東京マラソンをボーッと眺めていた選手たちがいつも行っている新宿の街並みの中を走っていた東京マラソンは男子にスポットライトが当たったレースなので、序盤で世界記録の可能性がなくなった時点で興味が薄れたレースが進行するうちに奇妙な情報を知った日本新記録を出すと、1億円のボーナスが出るという金メダリストにははした金しかくれないのにたかが東京のマラソンで記録を出すと、1位じゃなくても1億円をくれるというなんというお金の使い方が上手くない人たちなのだろうと、嘆かわしい情報だった日本記録は世界レベルより遥かに遅いタイムだ今年の冬の東京は気温が低く、マラソンをするには絶好のコンディションだったこのコンディションで、ペースメーカーも用意されて、16年も前に出した高岡の日本記録を更新出来なければ、永久に日本記録は出せない来年は暑いかも知れない自分がそういう可能性を持った人間ならば、ボーナスを貰ってわざわざ国を背負って炎天下のレースなど目指さず消える新たな日本記録は5秒更新という、無駄働きをしないいい仕事だった新たな日本記録保持者、設楽選手は事前の目標設定は非常に低く、無欲の中で得たものだから仕方ない喜んで見ていた人は多いと思いますが、東京マラソンを見ていてどう思いましたか?

褒賞金を出す組織が違います。
オリンピックのメダリストに褒賞金を贈るのは日本オリンピック委員会(JOC)、マラソンの記録達成者に褒賞金を贈るのは日本陸上競技連盟です。
要はJOCが金を出さなすぎなのです。
実際、選手よりも役員に多く金が使われているという批判も多いですし。

マラソンに限り・・日本新記録で1億円
100M…9秒台で、なにもなし?
ピョンチャンオリンピック金メダルは500万・・
ここらの違いはなんじゃろの
オリンピックへの期待度の違いかの・・

ワテとしては国民の税金?を、、
無意味なことに使って欲しくないわいの

~(◎ ̄m ̄)>設楽の無欲の勝利ですね。これから、金銭の心配なく、リラックスして練習に集中できますな。>コースのアップダウンが少なく記録が出やすいコンディションだったので世界記録と日本記録が同時に更新される可能性があったのでちょっと期待外れでした。世界記録更新が期待されたキプサング選手が途中棄権してペースが遅かったのでちょっと残念でした。世界レベルのタイムではないけどこれからの日本マラソン界にとって東京オリンピックに向けて大きな前進だと思います。>

マラソンで速くなる方法を教えて下さい。

マラソンで速くなる方法を教えて下さい。
現在30代半ばですが10年くらい前から趣味でジョギングをしています。
4、5年前から10kmの大会に少しずつ出るようになったのですが記録が一向に伸びません。
40分台前半を行ったり来たりで、どうしても40分を切る事ができないのです。
ランニングマシンで1km4分を切る速度で走ってると体力が途中で尽きてしまいます。
またいずれフルマラソンにも出たいと思ってるのですが、ハーフの距離でバテてしまい、とてもフルマラソン走り切る自信がありません。
(今まで最長で30kmくらいまでは走ったことがあります)具体的にどのようなトレーニングをすれば速く長く走れる体力が付けられるのでしょうか?ちなみに現在は外のジョギング30分~60分をほぼ毎日、ジムでの筋トレ30分~40分、ランニングマシン30分を週3程度やっています。
先日初めて出たハーフマラソンの記録は1時間37分でした。

私も、それ、私の課題なんですけど、、体重を落とすとやっぱり軽くて速く走れますね。
2kgくらいでも大分違います。
手っ取り早くは痩せることです。
ってか、私も現在増量しちゃって、、、、(ゲフンゲフン)

私も、それ、私の課題なんですけど、、

体重を落とすとやっぱり軽くて速く走れますね。

2kgくらいでも大分違います。

手っ取り早くは痩せることです。

ってか、私も現在増量しちゃって、、、、(ゲフンゲフン)>ランニングマシンなんかで走ってるからだよ。>10キロとフルの練習ってかなり違いますよ。前者ならスピード系の練習日を増やし、後者ならロング練習の日を増やさないと。私も10キロ40分台で走るのは相当きついですが、ハーフ97分なら楽にいけます。これは私の普段の練習距離の平均が1日12キロ以上だから、当然ちゃ当然です。貴方は平均が7キロぐらいですよね?ハーフやフルを走るなら、これでは短すぎます。練習内容からしてもスタミナがなくスピードタイプの方ですよね。10キロで41分切る(4’10)、ハーフで97分(4’38)。しかも前半で出し切るタイプですから、30キロはおそらく5’15、フルなら少なくとも5’50?6分まで落ちると思うんです。要するに、現状の練習内容のままフルならキロ6分以上までペースを落とさないと多分走れないってこと。長く走る練習を全くしてないからね。あと、スピード系の練習をマシンでしかやらないってのもよろしくないと思いますね。慣れるためにマシンを使うならいいけど、やっぱりロード、欲を言えばトラックとかでもスピード上げてく感覚は大事。10キロのほうは期間を決めてやるしかないと思う。とりあえず今年の秋までに、とか。寒くなったらもうハーフやフルの練習に切り替えてく。もし10キロ40切りをはやく達成したいなら、私なら2キロのインターバルを数セット、レペ走などを取り入れます。短い距離をジョグでつないで繰り返す。そうやって1日合計6?8キロをレースペースに近い速度で走りこむスピード系の練習日を週に一度は作る(負荷が強いから毎日しない)。夏場にそんな感じで練習していれば9月か10月の大会で40分切れるんじゃない?そしたら10月からロング練習を取り入れて、普段の練習距離もゆっくり長め(平均12?15キロ、キロ5分半とか)にシフト。怪我なくいけば、12月初マラソンで3時間半狙い。>スタミナ、持久力がないのでしょう。ゆっくりでもいいので10km以上の距離を、出来れば20kmくらいまで伸ばせばいいでしょう。そうすればスタミナが付きます。スタミナがついたら速さの練習を加えればいいです。4分/kmで走りこめばいいですよ。年齢的にはまだまだ伸びますから。なんならお近くの走友会にで入ると刺激があってタイムも縮みますよ。>10kmを40分で走ることができるなら、

ペース配分さえ把握すれば、

今の時点でフルも走りきることは可能です。

例えば、フルの制限時間は6時間などですが、

6時間完走であれば、キロ8分(7.5km/h)で良いとなります。

これに対して、質問者様は、

”21km:1時間半ペース⇒残り:歩く”

と言うイメージになっているのではないでしょうか?

[本題]

ハーフ1.5時間だと、フルはサブ4が目安になると考えます。

そうすると、時速10.6km(キロ5分40秒)を維持する体力が必要です。

この体力は、日々のトレーニングにおいて、

中速や低速で18kmやハーフなど長い距離を走らないと

なかなか向上するものではありません。

このとき、

「そんな緩い運動で体力が上がるのか?」

と思われるかも知れませんが、

身体に掛ける負荷は、

「速さ」の他に「時間」が絡むので、

速度を落としても、時間が長くなるので負荷の減りをフォローできますし、

速度を落とす疲労軽減で、大幅に時間を長くすることも可能で、

負荷の増大も期待できます。

要は、「早く走ることだけが練習では無い」ということです。

なお、質問者様は基礎体力は十分なので、

ビルドアップトレーニングもお勧めします。

これは、トレッドミルであれば、

時速13kmなどから初め、

5分毎に0.5km上げるなどして負荷を増大させるものです。

ただし、やり過ぎるとペース感覚が乱れるので、

大会前などは止めた方が良いです。>

喘息でマラソンしてる方に質問。

喘息でマラソンしてる方に質問。
一年半ほど前からランニングを始め、ハーフマラソンにも3回出場しました。
最後のレースは去年の7月で、1分56秒だったのですが、そのレースで呼吸困難のような症状になりました。
息を吐くことも吸うことも難しかったです。
それからというもの、走ると同じ症状が出るようになり走れなくなってきました。
1kmでも喘鳴が出るようになり、「あ?もしかして喘息なのかな」と思い呼吸器科へ行ったところ、やはり喘息とのことでした。
喘息の症状が出る前から、走ると脈が200を超えたりとおかしな所はあったと思います。
治療開始から半年ほど経ち、現在は一秒率50%まで回復していますが、薬と吸入がなければ生活するのも不安です。
ですが、どうしてももう一度走れるようになりたいです。
やっと2時間切って、これからもっと頑張りたいって時だったんです。
中等?高等度でマラソンしてる方、発作の対策はどうされてますか?また、昔は走れなかったけど喘息が軽くなり走れるようになった方はいませんか?現在は一秒率50%、肺活量65%、SPO2は92?94%。
薬はテオロング、プランルカスト、ザイザルです。
アレルギー薬は色々試しましたが、ザイザルがダントツで効いてます。
吸入は一応シムビコートとアドエアがありますが、ほとんどシムビコートを使用してます。
薬のおかげでピークフローも改善されてますが、現在停滞中。
日常生活には問題なく、夜間の発作も起きてません。
階段の昇降や近くのコンビニまで歩くと息切れする程度です。
喘息家系、アレルギー家系。
動物や果物、花粉アレルギー。
桃を食べて呼吸困難のようになったことがあります。
長くなりましたが、同じように喘息で運動されてる方のお話が聞きたいです。
軽度の方や、風邪で咳喘息になる人は周りにいても、慢性で苦しんでいる人がいません。
どうぞよろしくお願いします。
タイムはどうでも良いので、もう一度21km、さらに42km、走れるようになりたいです。
補足29歳、女性です。

喘息の経験はありませんが書き込みして すいませんマラソン経験は24年で、医学とは別角度で神経を専門にしている者です結論から言えば、喘息は治りますので走れるようになれます過去に何人もの喘息患者さんを完治させてきました病院では薬ですが、神経を正すことで何も使用しないで完治します神経から診れば原因はハッキリわかっています通常は骨格の歪みが原因ですあなたに当てはめれば上部胸椎と上部頸椎に歪みがあります同じ個所から起こる症状に、動悸 不整脈がありますどの様に歪んでいるのかは診ていないのでわかりませんが、間違いありません筋力バランスも乱れていますので、全てを整えることで治ります宜しければ参考にして下さい

骨格の歪みですか。意識したことありませんでした。
記載したとおり、アレルギー薬がよく効いているのですが、そもそもアレルギーが骨格の歪みからきている、ということでよいでしょうか?
それをふまえて、先生にも相談してみようと思います。>>肺活量65%

これは明らかに喘息だけではないです。混合性肺機能障害ですから、地道に腹式呼吸とかを練習するしかないです。>

何でマラソン大会ってあるんですか?花火大会は大きな経済効果がありますが、マラ…

何でマラソン大会ってあるんですか?花火大会は大きな経済効果がありますが、マラソン大会は交通規制により、その時間は商業施設の客足が減りますし、観客はご家族や関係者の方が中心である事から経済的にはマイナスであるように感じます。
私は花火大会は観ないのですが、町に大きな経済効果があるため、騒音も通行止めも気になりません。
しかしマラソン大会はどうでしょうか。
大規模な交通規制とヘリコプターによる騒音に見合う利益はあるでしょうか。
歩道まで通行止めをされて困っています。

勘違いされているようですが、交通規制内部の客足なら減るどころか倍増です。
なぜなら交通規制によって顧客を囲い込めるので。
東京マラソンを例にとれば、スタート地である新宿というエリアは平日に比べて日曜の経済流通は格段に落ちます(通常ならば日曜日は定休の店が多い)。
いわば日曜は元から穴場であり、そういう日にマラソンイベントがあることによって経済的にはプラスになるわけです。
また「観客が家族や関係者なので経済的にマイナスになるだろう」というのも意味がわかりません。
家族だろうと関係者だろうと、人間は食事はするしホテルに泊まります笑マラソン大会は前日受付が必要だったり、参加費をすでに支払っていてどうせなら体調を万全にして大会に臨むという人がいるので、多くの人が前日宿泊を前提に滞在します。
要するにかなりの予約が見込まれる上にイベントの前日に宿泊するのでバックれの可能性が低いです。
ホテル側からしたら、マラソンランナーってのは「たとえ予約の値段を釣り上げても確実に泊まってくれる良客」なのです。
それに対して花火の客というのは、ほとんどが当日来て帰るだけで宿泊の予約をするとしてもイベントの後だけです。
そうなると(若い人は特に)バックれの可能性があります。
ホテルからしたら他の予約を入れられない上に金が全く回収できないという危険性があるのです。
また、大きなマラソン大会だと直前に関連イベントが組めます。
○○大会試走会とかね。
イベント会社や旅行会社的にはオイシイですね。
花火は観客として盛り上がるのは当日のみなので、そういうことはあまり聞かないです。
それに、雨天だった場合。
マラソン大会なら雨天でも大概は一応は開催しますが、花火は天候不順ならそもそも開催中止になるほうが多いですし、開催されても客足がぐっと減ってしまいます。
以上の理由から、花火の方が博打的な側面は強く、花火とマラソン大会を比較し経済的な利益は確実性で言うなればマラソンの方が上。
交通規制による迷惑や騒音は大会そのものの利益とはまた別でしょう。
私はマラソンも参加しますが、個人的な見解から大規模な交通規制をする街中の大会にはあまり出場せず、河川敷の大会に出ることが多いですね。

自分はランナーもボランティアもやりますが、
どちらも楽しく参加しています。

主さん、マラソンをしないのなら、いっそのこと
ボランティアスタッフとして参加されたらいかがですか?
日当は出ませんが、家族で参加したら昼食代はタダですし、
マラソンはトップアスリートから趣味の域まで参加できる
懐の深いスポーツであり、お祭りであり、
地域にとってプラスになっていることなどを身近に感じれば、
もう少し余裕をもって接することが
出来るような気がします。>東京マラソンや北海道マラソンは経済効果額が発表されています。機会があれば調べてみて下さい。近年、地自体側から見れば経済効果は花火大会の比ではない様に思います。一般的な知名度のない地域でもやり方一つで1万人近くの人を呼び込む事ができます。規模の小さな大会でも近隣地域の大型大会の練習として参加してもらえるメリットもあります。近年の大会は前泊必須が増えて、わざわざその大会に参加するために飛行機や新幹線を利用し前泊までして参加します。・飲食したり・観光したり・お土産を買ったりして帰って行きます。運営費の一部になる参加費も払ってくれます。リア充アピールやインスタ映えなどSNSで勝手に宣伝までしてくれるランナーは非常に多く、お気に入りの大会になれば毎年の様に参加してくれます。人気の大会になれば申し込み数時間で一万人規模の大会は締め切られます。抽選倍率は数倍の大会もあります。マラソン大会は参加と同人数ぐらいの運営スタッフが必要です。規模が大きくなる、都市部になれば運営とボランティアで不足するので警備員、イベント会社など雇います。前日コース上に設置した備品の盗難防止の観点から夜間から警備している大会もあります。ランナーを持て成す為に地元の飲食物を給水所や試供品で提供します。前日の受付は地元企業のPRに良い機会となります。参加賞や完走メダルなど配布物も非常に多くあります。それらを製作する企業にもチャンスが生まれます。人と様々な会社とお金がたくさん動くことで大きな経済効が生まれます。隠れた効果として運動機会が増えると健康促進になり医療費削減効果を生み出します。地元でマラソン大会が開催されると今まで興味がなかった人が参加するといったことはよくある光景で、練習の過程で地域の人とつながるきっかけになったりもします。交通規制などで地元住民に迷惑をかけていることは重々承知していますが、大会開催時間帯の経済効果だけを考えているわけではないという事です。>経済効果の有無は他の方々のとおりですが、なぜ比較対象が花火大会なのでしょう?なぜ経済効果だけの問題なのでしょうか?
最近経済的な理由で地域のお祭りの規模が縮小されたり廃止されたりしているのが悲しい次第です。
ちなみにヘリコプターは新聞社やテレビ局が(許可を得た上で)勝手に飛ばしているだけだと思いますが、あれは確かにうるさいですね。>視野が狭すぎますね。

市民参加のマラソン大会は言うに及ばず、本日実施されたびわ湖毎日マラソンでも選手・関係者の宿泊、各地からやって来る沿道の観客などの経済効果があるのですけど・・・>確かに悪影響を受ける人は多々いるでしょうね。ただ、数千人規模の人が地方からきて、宿泊や飲み食いなどのお金を落としていきますし、知名度の向上、街興しなど、プラスの面もあります。中には、毎年の大会への参加や応援を楽しみにしてる人もいるでしょう。収支を超えた効果もあるということで、大目にみてあげて下さい。でも、興味もなくて実害を被ってる人からしてみれば、迷惑千万なんでしょうね。これも理解します。>

東京マラソンを見ていて思ったのですが、道路の反対側、後ろの方はマラソンとジョ…

東京マラソンを見ていて思ったのですが、道路の反対側、後ろの方はマラソンとジョギングとの違いってなんですか?あとあれだけ混雑していたらあまり走れずに時間制限が来た・・・という事はありますか?

マラソンは決まった距離を自分なりの速度を保ちながら走る。
ゴールまでは体力を振り絞って頑張ろう。
ジョギングは気楽に楽しむ為に自由に走る。
疲れたら帰ろう。
のような雰囲気でしょうか。
さて、混雑はしていますが、周りも全員動いていますので、人が邪魔で全く走れないという事はないと思います。
もちろん、自分の方が速度が早ければ除けなければいけませんので体力は使いますね。
しかし、時間制限にはあまり関係ないと思います。
時間制限に引っかかる人は、ほぼ歩いている状態や、フルマラソンを走るきる体力がなく、止まってしまう等ではないでしょうか。
実際、一番最後に完走ペースメーカーがおります。
その選手より、後ろですと制限時間カットになります。
更にその後ろには収容バスがいます。
(笑) 分かりやすいです。
そのペースでは逆にガラガラですよ。
大体の方はもっと早いタイムで走っています。
終始混雑している事で時間オーバーはあまり無いと思います。

ランとジョグは速度の定義ありますウル覚えですが分速135m以下はジョグだったか!?大半の人は遊びで参加しますからね・・・会費がモッタイナイ・・・>あたりまえのことですが、前の方ほど速い人たち、後の方ほど遅い人たち。
後ろの方の人たちも、あれはあれであの人たちなりに頑張って走っているのです。
2kmや3kmや10kmや20km走るのと、40km以上走るのとでは違うのです。

マラソン大会は原則速い者順に並びますが、理不尽に後方に並ばされるのはよくあります。そして後方は芋洗い状態。なので貪欲に前に出ないと制限時間にあうということはあり得ます。
ただし東京マラソンは時間制限が緩く、よほど遅い人でない限り時間制限に引っかからないと思います。>・皆、避けて走れる。制限時間内に走れないのは実力のない証。>

ウィメンズマラソンに初参加します。
服装がいまだに決まらず…中日ドラゴンズが大好…

ウィメンズマラソンに初参加します。
服装がいまだに決まらず…中日ドラゴンズが大好きなのでドラゴンズのユニフォーム着ようか考えてます、野球ユニフォームで走る方もいるんでしょうか?少しためらいはありますが…

マラソンでは野球やサッカーのユニフォームは定番ですね。
名古屋だからドラゴンズやグランパスだけでなく各チームのユニフォームを着ています。
マラソン、服装、コスプレ、ユニフォーム、ウィメンズマラソンなどで画像検索するとイメージしやすいかと思います。

プロ野球のユニフォームは多いですよ。どかの大会へ行っても複数人数いますね。同じ球団同士で盛り上がるんじゃないでしょかね。>野球やサッカーのユニフォームは定番です。
下品な書き方をすれば、「クソめずらしくもない」服装です。

実際に着用した想定をすると、あのダボダボ感が後半ジャマになるかも。ユニフォームの生地ってしっかりして重量もあるし、汗をかき始めてから湿気が上手く外に逃げるのか?というところも心配。

それと周りは、他のランナーのことなどあまり見てません(女性ならなおさら)。極端な話、誰かが上下ビキニで走っていても、10秒後には忘れています。

まあオリンピック目指すわけでもないので、気分よく楽しく走れりゃいいんで、公序良俗を乱さない範囲であれば自由に。>

横浜マラソンが台風の影響で中止されましたが、約28000人の参加予定で

横浜マラソンが台風の影響で中止されましたが、約28000人の参加予定でかなりの準備を用意したいたと思います。
こんな自然災害の中止の場合、参加費とかは払い戻されるのでしょうか?記念品やパンフレット等を既に頂いたり、用意していると思うので全額返金したら主催者も大赤字と思いますが。
どうなる場合が多いでしょうか?

大都市圏で交通を止めて行うマラソン大会は無茶苦茶にコストがかかるものです。
参加者一人当たりの費用は東京マラソンでは5万円程度にのぼる、という文章を読んだ記憶がありますが、横浜マラソンでも似たりよったりのはずです。
(経費の大半はスポンサーの拠出金でまかなうわけで、それで足りない分を参加費で埋める、というちょっと歪んだ構図になっているのかと思います)さて問題は、中止にした場合、どの程度の経費が浮くのか、ですが、今回のような直前での中止決定の場合、現実にはあまり浮かないように思います。
たとえば警備関係、仮設のトイレ、2キロごとの給水所、そしてもちろん、さまざまな宣伝・配布物などは、もう取り消しはききません。
総勢6千人とかいった規模の当日スタッフはもちろん削れますが、彼らの多くはもともとボランティアですから、報酬が浮くわけではありません。
なにしろ参加者は2万8千人の巨大大会ですから、仮に「参加費の1割返します」と宣言しただけで、4200万円のキャッシュをどこかから捻出してこなくてはならなくなります。
今回も含め、大会規約に天災などの責を主催者は負わない、としてあるのは、そういう意味もあってと思います。
ただし、東京マラソンほどでないにせよ、横浜マラソンにも有力スポンサー企業が多数ついています。
彼らが「登録者の不満を残してしまっては協賛効果が台無し」と思った場合、また他大会の応募者減などをみて横浜マラソンの主催者が来年以降への不安を感じた場合、登録者になんらかの恩典や見返りが与えられる可能性もないわけではないと思います。

参加費は返金しない。 組織委員会の山口宏会長は「楽しみにしていた皆さまには大変申し訳ありませんが、ご理解をお願いします」とのコメントを出した。 問い合わせは事務局電話045(651)0666。>敢えて強行開催して欲しかったですね。>規約上、返金しませんというのが
うたわれている大会がほとんどですね。

でも、大会によっては、
準備やかかった経費を精算した結果、
少しでも返せるなら返そう、、ってことになった大会も
いくつかあります。

まあ、返すにしても、その経費がまた掛かるので、
半分も返ってこないことがい多いですが、
主催者側は、中止になって儲かった、ラッキーなどと
考えていることはほぼないです。
むしろ、無駄?ともいえる準備や手間暇などばかりで、
報われず、参加者からは金返せと叫ぶ人もやはりいる中、
非常に辛い状況でしょう。
来年の開催にも影響が出るとも思いますし。>大抵の大会で、「主催者の責任ではない理由で中止になった場合は返金しません」みたいな注意書きがあるかと思います。横浜マラソンがどうなのかは正確には分かりませんが、慣例通りだと返金はされませんね。>台風で中止が決まった横浜マラソンの大会規約には
「13.主催者の責によらない事由(地震・風水害・降雪・事件・事故・疫病等)で大会が開催縮小・中止となった場合、参加料・手数料の返金は一切行いません。」
とあります。
つまり、主催者が悪いわけでないならば中止しても返しません。ということです。
参加者はそれを承知して参加しなければなりません。
ちなみに開催前日ぐらいまでひっぱっての中止の場合、もはや実施したのと変わらないくらい経費かかってるので返金なんてできません。

ただ、何年も抽選に落ちてやっと当たった権利なんだから来年は優先的に走らせてほしいとは思います。>

マラソンの練習方法について質問です。

マラソンの練習方法について質問です。
2年程前からダイエットの為ランニングを始めました。
当初はハーフマラソンも途中で歩く始末でしたが、ランニングを継続し、ハーフでなかんとか1時間50分を切れる様になりました。
フルマラソンも3回出場し、1回目 4時間51分代2回目 4時間31分代3回目 4時間19分代と徐々にタイムを縮めていますが、サブ4が達成出来ません。
いつも35キロ前後で太ももの前(外側)と裏が痛くなりラップタイムが落ちてしまいます。
ちなみに、30キロ過ぎまでは1キロ5分半でいけるのですが、足が痛くなってからは1キロ7分前後まで落ちてしまいます。
普段は1キロ5分20秒ペースで10キロ~20キロで走り月間100~150キロ程走るのですが、サブ4達成に向けて他に練習方法があればご教示頂きたいです。
また、30キロ過ぎてから太ももの痛みはフォームに問題があるのか筋力が弱いのか、また対策方法等あれば合わせてご教示頂きたいです。

既にサブ4できるレベルと思います。
私は3ヶ月前から月に150kmで、気温20℃で高低差120mのコースならサブ4で走れますし。
中高と陸上経験は全くありませんよ。
私は基本練習は20kmしか走りません。
練習は常にビルドです。
もしくは間に軽めにインターバルをします。
練習後は マラソン用のスクワットを連続で150回します。
(これは有森裕子選手が効果があると言ってました。
)そしてストレッチを15分くらい。
もちろん練習前もストレッチしますよ。
二週間前に30kmを㌔5’40"~6’00"でします。
(サブ4は練習でハーフを5’20"ペース、30kmを5’30"ペースで走れれば確実とされています。
)大会は30日kmまではかなり余力を残して走り、残りは時計を見ながら気力と根性です。
貴方は20km以上走る練習を主にしていないので30kmからバテるのだと思います。
㌔7分はいくらなんでも落ちすぎです。
それだとサブ4はムリでしょう。
後半は、前半のタイムより悪くても6~8分落ちです。
後は前半オーバーペースとか。
あと大事なのは10日前から練習量を40%落として疲労感を抜く必要もあります。
カーボローディングもしても良いと思いますよ。
マラソンはLT値で走る競技なのでそこを理解すれば楽に目標達成できます。
サブウェイたかは四人に一人の割合なので難しくないですよ。
サブ3.5する気持ちで取り組めばサブ4なんて楽勝です。
心拍トレーニングはとても良いですよ。

ハーフで1時間50分を切れるのですから、フルを走りきれるスタミナと脚力があれば、計算上、3時間50-55分くらいでフィニッシュ出来るはずです。
しかし、結果から、フルを十分に走りきれる脚になっていませんね。
現状、5分半/kmという前半のペースが意外にも脚に負荷がかかっており、
ぎりぎりですが、5分40秒/kmのイーブンペースでどうなのか。
それでも厳しいとなれば、フォームの改善が必要です。筋力ではありません。
それと、4時間台のランナーのサブ4達成は難しくはないですが、決して緩くはないです。要は努力次第です。楽勝みたいに言う人がいますが、そもそも視線が違います、これだけは断言できますので。あなたはそのポテンシャルはありそうですので、頑張ってください。>まず月間100?150ではやや足りない。おそらく痛みの原因は単純な走力(練習)不足です。一般的にサブ4に必要な練習量は150?200キロです。練習頻度週3回ぐらいですよね?最低10キロ走っているのでしょうけど、1回の練習で短くても12?13キロ走る習慣をつけては?たいがいの人はキリよく10キロを練習距離の定番にしてるけど、本番は42キロっていう全然キリが良くない距離なんで。あと、可能ならば2日連続のセット練習も効果的だと思う。できれば2日目は12キロのペース走。2日目は多少疲労を残した状態で走らなきゃいけないけど、それが本番での30キロすぎの状態です。そこから12キロ走れないと本番で力が出ないわけなので。>太ももの裏側の筋肉は「ハムストリングス」と呼ばれますが、ランナーが痛めやすい部位でもあります。主な原因としては、ストレッチ不足や筋力不足が考えられます。ゆっくり長く走るトレーニングよりも、坂道ダッシュやスピードトレーニングで痛めることが多いです。左右のハムストリングスのバランスや、前後の筋力のバランスが重要です。レース中エナジージェルは使ってますか?マグオンがお勧めです。痛みの予防筋力トレーニングを行う自宅でもできるような簡単な筋力トレーニングで、筋力を高めていきます。ハムストレングスのストレッチと筋力トレーニングは、下記のようなものがあります。・ランジ体が沈むときは、浅くならずゆっくり沈む。立ち上がるときも、膝を完全に伸ばしきらない。・スクワット視線は常に前を見て、胸を張り背筋を伸ばす。ゆっくりとしゃがみ、ゆっくりと立ち上がる。1セット15~20回が目安。太ももの痛みに気を付けて楽しくランニングしましょう!ミズノのホームページにランニングアドバイスというページがあり初マラソンから3時間切りまでの各レベルのトレーニングプランがあるので現在の走力にあったトレーニングができるので参考になりますよ!https://www.mizuno.jp/running/training/training/sub4/>

マラソン大会に出たい、神奈川県住まいの社会人ですが、新横浜の鶴見川河川敷で、…

マラソン大会に出たい、神奈川県住まいの社会人ですが、新横浜の鶴見川河川敷で、毎月行われているマラソン大会はちゃんとしたものでしょうか?4月に相模原市の米軍内で行われる10キロに出場し、5月6月辺りにハーフマラソンにもと考えているのですが、それなりの参加人数(1種もくで数百人以上など)のいる大会の方が緊張感も味わえて、ペースメーカーも見つけやすいかなと思っています。
アドバイスをお願いします。

月例?タイプのマラソン大会は比較的小規模なので、マラソン100撰に入っているような大会とか良いですよ。
参加者3000人以上とか。

ありがとうございます、マラソン100選で検索してみますね。
>河川敷はつまんないですよ。シティマラソンで封鎖した道路のほうが沿道の応援もあり、断然楽しいですよ。>

マラソンについてです!以前、5キロのベストが27分、10キロのベストが54分で5…

マラソンについてです!以前、5キロのベストが27分、10キロのベストが54分で5キロを24分で走りたいと相談したものです。
スピード練習をするようになったら、1キロ全力で走ると4分58秒で走れるようになりました。
1キロジョグしてまた1キロ全力で走ると5分10秒とかに落ちてしまいます。
安定してインターバルで5分切れるようにするのにはもっと練習量を増やしたほうがいいでしょうか?3月18日までに24分台を出すのはなかなか厳しいですしょうか?よろしくお願いします!

>1キロジョグしてまた1キロ全力で走ると5分10秒とかに落ちてしまいます2本目でそれだけタイムが落ちるってことは、脚力が全然足りてない。
短い距離でタイムばっかり気にするより、それなりに走り込みをしっかり練習しないと、基礎体力の底上げがまだまだできてない段階で、全力ダッシュしても、効果は薄いと思うよ。

>1キロジョグしてまた1キロ全力で走ると5分10秒とかに落ちてしまいます
2本目でそれだけタイムが落ちるってことは、
脚力が全然足りてない。

短い距離でタイムばっかり気にするより、
それなりに走り込みをしっかり練習しないと、
基礎体力の底上げがまだまだできてない段階で、
全力ダッシュしても、効果は薄いと思うよ。>以前回答したものです。まだスピード練習を取り入れて1ヶ月にもならないのだからそんなもんでしょうね。ベストは出ると思うけど、24分台は3月18日は正直厳しい。だって1キロ毎に25秒近く縮めないといけませんから。練習の方向性としてはいい感じなので、焦るのはわかりますがもう少し時間が必要だと思います。スピード練習は極端に練習量を増やすと質が落ちますよ。この前回答した通り、1キロ前後のスピード練、2?3キロのペース走をうまく組み合わせて、バランスをとる方がいいかも。1キロダッシュ&ジョグという練習法にこだわりがあるようですが、むしろ貴方にいま一番足りてないのはスピード保持のための中間走、ペース走だと思います。>・インターバルの回数を増やす。・5分のペース走を行う。平地では追い込みにくいので・坂よりは峠などの長い距離(数キロ)の連続した登りと下りを走り込む。・トレッドミルで早いスピードに体を慣らす。ギリギリできるところから慣れれば徐々に負荷を上げる。十分な栄養と睡眠。などすればいいと思います。>